Drone Fund、共同代表パートナーとして大前創希氏が参画——高橋伸太郎氏は最高公共政策責任者に就任

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.9.26

drone-fund-appoints-soki-omae-shintaro-takahashi

Drone Fund は25日、ドローングラファの大前創希氏の共同代表パートナー参画を発表した。同氏は、これまで同ファンドのアドバイザリーボードメンバーだった。大前氏は Drond Fund 創業者の千葉功太郎氏と同格の共同代表として、同ファンドにおける執行権限を付与されることとなる。

Drone Fund はまた、慶應義塾大学 SFC 研究所・ドローン社会共創コンソーシアムの事務局長を務める高橋伸太郎氏(慶應義塾大学政策メディア研究科特任講師)が、Drone Fund の最高公共政策責任者かつパートナーに就任することも明らかにした。

大前創希氏は、長年の経営者としての経験とデジタルマーケティングに精通した知識、加えてドローンに関して空撮のみならず、地方創生の視点で多くの自治体に関わってきた経験を活かし、投資先企業の経営的支援、マーケティング的支援、及び地方の課題と企業を結ぶ事を中心としつつ、共同代表パートナーとして Drone Fund の今後の経営基盤を強固なものにするべくリーダーシップを発揮するとしている。

高橋伸太郎氏は、政治家・経営者・専門家などを対象とした、コミュニケーションやイメージ戦略における調査分析、戦略策定の経験を活かし、アドバイザリーボードメンバー時の公共政策活動をさらに強化する。また、Drone Fund の最高公共政策責任者として、公共セクター向けの政策アドイバリー、投資先の成長戦略支援を行い、ドローンやエアモビリティにおける法規制の政策提言をリードし、ドローン産業の発展を促進する。

Drone Fund は先ごろ、30億円規模となる2号ファンドの組成を発表している。

Via Drone Fund

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------