Ofo(小黄車)、Didi Chuxing(滴滴出行)とAnt Financial(螞蟻金融)がリードする新たな資金調達ラウンドを完了したとの噂

by TechNode TechNode on 2018.9.19

ofo

中国のバイクシェアリング企業 Ofo(小黄車)は、Ant Financial(螞蟻金融)と Didi Chuxing(滴滴出行)がリードする数億ドル規模の E2-2 ラウンドを完了させ資金を調達したと言われている。中国の事情通の言葉を引用して 36Kr(36気)が伝えた。参加した投資家は Ant Financial と Didi だけなのかどうかは明確にされていない。

TechNode(動点科技)は Ofo に接触を図ったが、本稿公開時点(原文掲載日:9月5日)では返事を受け取っていない。中国の現地メディアもこのニュースに関して公式な発表はされていないと報じている。

この噂が出てきたのは、Ofo が財政難の中でいくつかの世界的な市場から撤退した後、配車サービス大手の Didi が同社を買収するのではという噂が再燃していた最中のことだった。

最後まで戦うのが嫌なら、今すぐ会社を去っていただいて結構です。

今年5月の社内カンファレンスで Ofo の CEO である Dai Wei(戴威)氏はこう述べた。Ofo は独立していなければならないと Dai 氏はかねてから主張しており、Didi による買収の噂は虚偽であると断言していた。8月には共同設立者の Yu Xin 氏も同様に述べた。

しかしながら、Dai 氏 は他の Ofo の古参メンバーと共にブロックチェーンプロジェクトを検討しているとの噂もあり、同氏がバイクシェアリングビジネスへの希望を半ば諦めているという兆候ではないかとも言われている。Dai 氏は、国内最大の仮想通貨長者の1人であり TRON 設立者でもある Justin Sun(孫宇晨)氏とつながりがあることで知られている。

Ofoは買収の噂を繰り返し否定しているが、収入を増大させるためのあらゆる機会を粛々と掴もうとしている。8月22日には、プラットフォームのアプリに5秒間の広告を表示する商業用広告スキームを始めた。

シェアリングエコノミーと運輸市場は Ofo のマネジメントを批判してきた。同社は3月に、これも Alibaba(阿里巴巴)がリードする8億6,600万米ドル相当の資金を調達する E2-1 ラウンドを完了させた。それにもかかわらず、Ofo 破産の噂は拡大している。

8月31日、中国の著名な自転車メーカー Shanghai Phoenix Bicycle(上海鳳凰自行車)は6,820万人民元(約11億円)の代金支払いを求めて Ofo を訴えた。Ofo の別のパートナーでありスマートロジスティクスのソリューションを提供している Yunniao Technology(雲鳥科技)は、およそ1億1,000万人民元(約180億円)とも言われる額の支払いの延滞について、厳しい話し合いを行っている。

Ofo は会社全体で従業員を解雇していると、現地のメディアが9月4日に伝えた。

Ofo の主なライバルである Mobike(摩拜単車)は今年の4月に Meituan-Dianping(美団-大衆点評)に買収された。同社はデポジットなしで利用できるようにすることで、Ofo に狙いを定めていた。また別のライバルであり小さめの都市に力を入れているバイクシェアリング企業Hellobike(哈羅単車)も同様のサービスを提供している。

【原文】

【via Technode】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------