SmartHRがプラットフォーム化構想を発表、外部連携の強化とアプリケーションストア「SmartHR Plus」を展開

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.9.23

d15987-44-627499-2.jpg

SmartHRは9月11日に開催した「SmartHR Next 2018」内にて、クラウド人事労務ソフト「SmartHR」のプラットフォーム化構想を発表した。利用企業のニーズの多様化に合わせ、外部連携の強化とアプリケーションストア「SmartHR Plus」によるプラットフォーム化を進める。

これまで連携してきた12のサービスに加え「freee」や「ジョブカン」との連携が決定しているほか、SmartHRの拡張機能を追加できる「Plusアプリ」を取り揃えていく。先日公開した「雇用契約書機能」や、まもなく公開されれる「ペーパーレス年末調整2018」も「Plusアプリ」のひとつになる。

将来的には、決済基盤やOAuth認証基盤を外部ベンダーにも公開し、サードパーティーアプリもSmartHR Plusに搭載していくことを予定している。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------