2020年のIPOを目指すタイのaCommerce、ベトナムへの進出を計画

by e27 e27 on 2018.9.24

aCommerce_executive_team
aCommerce のエグゼクティブチーム

東南アジアのeコマースイネイブラー大手の aCommerce は、2020年の新規株式公開(IPO)を予定していると発表した。

IPO に向けた準備はまだ始まったばかりだが、シンガポール証券取引所(SGX)もしくはタイ証券取引所(SET)での上場を検討しているという。

バンコクに本社を置く同社が IPO で調達する予定の金額については、まだ明らかになっていない。詳細について同社に問い合わせをしているため、情報が入り次第アップデートしていく。

調達した資金は統合データプラットフォームの開発やベトナムへの進出に活用されるとみられる。

aCommerce グループ CEO 兼共同設立者の Paul Srivorakul 氏は、次のように話している。

現在、実に多くの顧客データが利用可能で、誰もが最適化できる状態にありますが、単一プラットフォームに統合した人は誰もいません。

IPO で調達した資金を活用して、当社ではデータパートナーとしてブランド企業のために膨大な情報を管理していく予定です。最終的には、顧客について集中化されたデータについてブランド企業が当社に問い合わせをして、ターゲットとする集団に対しカスタマイズされた製品やサービスをしてほしいと思います。

2013年5月に設立された aCommerce は、パフォーマンスマーケティング、チャネルマネジメント、ウェブサイトのデザインとオペレーション、コンテンツ制作、注文フルフィルメント、倉庫業務、配送・物流、現地顧客対応といった e コマース関連の技術やソリューションを提供している。これまでにSamsung、Unilever、Nestlé、L’Oreal、 Philips、Marsといったブランド企業260社と提携してきた。

aCommerce の従業員数は1,200名超で、シンガポール、インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピンにオフィスやフルフィルメントセンターがある。

これまでに Emerald Media、BlueSky、DKSH、Inspire Ventures、Sinarmas、NTT ドコモといった業界大手から総額9,650万米ドルの投資を受けている。その金額には、昨年11月にEmerald Media がリードするシリーズ B ラウンドで獲得した6,500万米ドルも含まれる。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------