明星和楽2018サミットを前に、参加者100名が博多湾の島でミングルする「WARAKU CAMP 2018 SUMMER」が開催

SHARE:
waraku-camp-2018-summer-8
オープニングアクトでは、書道家によるパフォーマンス

本稿は、明星和楽2018 Summer の取材の一部である。

9月15〜16日、福岡市内のスタートアップハブ Fukuoka Growth Next で、通算9回目を迎えた「明星和楽 2018」が開催されている。それに先立ち、博多湾に浮かぶ能古島で開かれた WARAKU CAMP 2018 SUMMER には、登壇者や海外招待者を中心に約100名が参加した。

写真を中心に、WARAKU CAMP 2018 SUMMER の様子を振り返る。

waraku-camp-2018-summer-1
能古島には、福岡のみならず日本内外から明星和楽の参加者が集まった
waraku-camp-2018-summer-2
WARAKU CAMP の会場となったキャンプ場
waraku-camp-2018-summer-3
多忙な執務を合間を縫って、あの人も能古島に登場
waraku-camp-2018-summer-4
明星和楽の実行委員長、マツケンこと松口健司氏
waraku-camp-2018-summer-5
一堂に会した参加者の皆さん
waraku-camp-2018-summer-9
砂浜からは、福岡の街並みが見える
waraku-camp-2018-summer-10
日が暮れてパーティーが始まった
waraku-camp-2018-summer-11
DJ によるパフォーマンス
waraku-camp-2018-summer-13
パーティーピーポー
waraku-camp-2018-summer-14
パーティー終盤には焚き火。もともと SXSW にインスパイアされて始まった明星和楽は、次に Burningman を目指すらしい(一部実行委員の談)
waraku-camp-2018-summer-15
初代実行委員長、ヌーラボ CEO 橋本正徳氏が皿を回すレイトナイトパーティで、会場は大盛り上がり
waraku-camp-2018-summer-16
福岡では人気の六本松のカレー専門店「エメラダ」が出張ランチを提供
waraku-camp-2018-summer-17
ロシア・サンクトペテルブルクのインキュベータが自己紹介
waraku-camp-2018-summer-18
フランス・ボルドーのアクセラレータが自己紹介
waraku-camp-2018-summer-19
東京五輪の暑さ対策に対するワークショップで各チームがアイデアを披露
waraku-camp-2018-summer-22
各チームがアイディエーションにしのぎを削った
waraku-camp-2018-summer-24
投票の結果、得票の多かった優秀チームには、明星和楽での無料飲食権、AWABAR 福岡でのスパークワインボトル提供、ボルドーワインが贈られた
----------[AD]----------