BEENEXTや500 Startupsら、インドのビジネスパーソン向け投資支援アプリ「Cube Wealth」の200万米ドルラウンドに参加

by e27 e27 on 2018.10.26

cubewealth_featuredimage
Cube Wealth
Image credit: Cube Consumer Services

インドのビジネスパーソン向けウェルスクリエーションアプリ「Cube Wealth」は、シリコンバレー、香港、ヨーロッパ、シンガポール、インドのエンジェル投資家やシード投資家から、エクイティファイナンスで200万米ドルを調達した。投資家は、500 Startups、シンガポール拠点のアーリーステージ VC である BEENEXT、日本のあすかホールディングス。

Cube Wealth は、インドの専門職向けウェルステックアプリで、MAP 哲学を用い「規律ある長期的な富の創造」というコンセプトに基づいて機能する。MAP 哲学とは…

  • M……ポートフォリオを豊かにするため、株式、ミューチュアルファンド、P2P 融資、金、慈善的投資など複数のアセットクラスを活用。
  • A……アドバイザー。
  • P……すべてのメンバーにパーソナライズされた人にやるサポートを提供、プレミアムメンバーには WhatsApp によるプライベートなウェルスコンシェルジュサービスを提供。

…の頭文字をとったものだ。

Cube Wealth は調達した資金を使って、インド国内にアセットパートナー、プレミアムセールスやマーケティングパートナー、独立フィナンシャルアドバイザーを増やす計画。これらのパートナーやアドバイザーは、標準的なミューチュアルファンドや保険よりも高いパフォーマンスを求める顧客にサービスを提供する。

Cube は、以前 Citrus Pay を設立した Satyen Kothari 氏(CEO)によって設立された。Citrus Pay は2016年、Naspers が支援する PayU に1億3,000万米ドルで買収された

Kothari 氏は、次のようにコメントしている。

勤勉なインドの中流階級には、現在販売されている標準的な保険証券やミューチュアルファンドよりも、ウェルスクリエーションやアドバイス/サービスを受けるのにふさわしいと考えています。すべての機能を盛り込んだアプリは使いやすく、ウェルスクリエーションを自動化する一方で、ユーザ自らコントロールすることも常に可能です。我々のミッションは、100万人いるインドのビジネスパーソンを、Cube Wealth を通じて財務的に独立させることです。

Beenext の佐藤輝英氏は、次のようにコメントしている。

Cube を率いる Kothari 氏は、世界で最もエキサイティングなインドの成長ストーリーを足がかりにしています。インドには潜在的な中流階級が多数いて、彼らは生活のあらゆる面で品質の高いプロダクトやサービスを受けるのにふさわしい。急成長するウェルステック市場のリーダーとしての Cube Wealth に、大きな可能性を見出しています。

Kothari 氏はインドで8年、その前にはシリコンバレーで15年を過ごした。これまでにマーケティングオートメーション、ソーシャル E コマース、戦略デザインコサンルティングの分野で起業に成功している。彼はまた、Intuit、First、Cisco、AOL、Yahoo、Frog Design、Apple など複数のスタートアップや大企業でキャリアを積んだ。Stanford Angels and Entrepreneurs(India)の投資委員会に籍を置くアクティブなエンジェル投資家であり、テックアントプレナーシップとヒューマン・コンピュータインタラクション分野で、スタンフォード大学からコンピュータサイエンス修士号を取得している。

<関連記事>

【via e27】 @e27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------