Beyond Next Venturesら、東京・日本橋にライフサイエンス系スタートアップ向けシェアラボ「Beyond BioLAB TOKYO」開設を発表

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.10.30

左から:Beyond Next Ventures 代表取締役社長 伊藤毅氏、三井不動産 常務執行役員 植田俊(たかし)氏、LINK-J 事務局長 曽山明彦氏
Image credit: Masaru Ikeda

<30日20時更新>

本稿初出時、アクセラレータプログラム「Blockbuster TOKYO」の発表としましたが、「Blockbuster TOKYO」は今夏開始済で、本発表はシェアラボ/ウエットラボ「Beyond BioLAB TOKYO」に関するものでした。タイトル・本文・スラグを修正しました。

ライフサイエンス系 VC/アクセラレータの Beyond Next Ventures (BNV)、同分野のスタートアップのコミュニティ運営を行う LINK-J、三井不動産(東証:8801)は30日、都内で共同記者会見を開催し、 日本橋ライフサイエンスビルディングの地下にシェアラボ/ウエットラボ「Beyond BioLAB TOKYO」を開設することを明らかにした。

Beyond BioLAB TOKYO のグランドオープンは2019年2月1日で、運営や機器整備などは BNV が行う。現在運用中の、東京都によるライフサイエンス系スタートアップ特化アクセラレータ「Blockbuster TOKYO」の第2バッチにはスタートアップ21社が採択されており、その約半数が Beyond BioLAB TOKYO を活動拠点として利用する見込み。第2バッチのデモデイは、2019年3月27日に予定されている。

Beyond BioLAB TOKYO
Image credit: Beyond Next Ventures

BNV は先ごろ2号ファンドの組成を発表している。2号ファンド単体の運用規模は開示されていないが、「55億円規模だった1号ファンドよりも規模は大きい(BNV 代表取締役社長 伊藤毅氏)」ようだ。伊藤氏はまた、1号ファンドから投資が実行された23社中、15社については医療ヘルスケアスタートアップだったことも明らかにした。

伊藤氏は、サンフランシスコのアクセラレータ IndieBio(SOSV が運営)やアメリカ7拠点でシェアラボを運営する Biolabs の事例を挙げ、ライフサイエンス系スタートアップの育成に都市型シェアラボの存在が重要だと強調、Beyond BioLAB TOKYO のもたらす可能性に意欲を見せた。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------