中国の富裕層リストにブロックチェーン起業家14名がランクイン

SHARE:

hurun-china-rich-list-2018_featuredimage

Hurun Research Institute(胡潤研究院)は10日、年に一度中国国内の多くの富裕層の個人や家族をまとめている「China Rich List(中国富豪榜)」の第20版をリリースした。

Alibaba(阿里巴巴)の金融関連会社 Ant Financial(螞蟻金融)の新しい投資ラウンドによりこの4年で2度目のトップを獲得した Jack Ma(馬雲)氏(資産390億米ドル)など、驚くようなものではないものもあったが、新事実もいくつかあった。

例えば、ブロックチェーン起業家が初めてリストに掲載された。そして、仮想通貨マイニング最大手Bitmain(比特大陸)の Zhan Ketuan(詹克団)氏(95位)や Wu Jihan(呉忌寒)氏をはじめ、実に14名もの起業家が掲載されている。Wu 氏は32才で、彼の年齢層で自力で出世した実業家としては最も裕福な人物となった。Bitmain の従業員は他にも、700~1,300位ではあるが3名掲載されている。

仮想通貨取引所の Binance(幣安)や OKCoin(幣行)の設立者も400位以内に入っている。それぞれ、230位と354位だ。また、Bitfund(硬幣資本)の設立者 Li Xiaolai(李笑来)氏と、Huobi(火幣)のCEOである Li Lin(李林)氏は、556位でタイだった。

ブロックチェーン実業家に加え、eコマースの寵児 Pinduoduo(拼多多)の設立者兼 CEO である Huang “Colin” Zheng(黄峥)氏も新たに13位で掲載された。一方、Meituan-Dianping(美団-大衆点評)の CEO である Wang Xing(王興)氏は、見事に39位上昇して58位だった。両企業は今年初め、それぞれアメリカ香港における IPO で高い成功を収め大評判となったが、Meituan-Dianping のお目見えは、China Rich List の発行締切日である8月15日より後であった。

10位以内では、昨年のトップで Evergrande(恒大)設立者 Xu Jiayin(許家印)氏が2位となり、Tencent(騰訊)の Pony Ma(馬雲)氏が続いた。Xiaomi(小米)設立者 Lei Jun(雷軍)氏は初めてトップ10入りし、9位に引っかかった。

その他の好意的なニュースとしては、今年の China Rich List における女性の割合が過去最高であったが、いまだに1,893人中わずか28.7%だ。

掲載された人数は昨年に比べ11%減少し、明らかな景気の後退とアメリカとの現在進行形の貿易戦争を反映する形となった。しかし、20億人民元(約325億円)以上の資産を持つ人の数は、昨年に比べ90%近くも上昇した。Hurun Research Institute によると、わずか8名しかいなかった20年前に比べ、大幅に数も上回るという。

China Rich List は、他にも興味深い統計データを提供している。

  • リストの60%の人は、「ビッグ4」と呼ばれる業界、すなわち製造業、不動産業、投資業、IT 業(この順)で資産を築いた。
  • 中国の2つの主要政治機関である NPC(全人代)または CPPCC(中国人民政治協商会議)の代表として働く政治家の割合は、中国の富裕層の中でわずか7.5%(142人)に下落した。
  • リストに掲載された個人の中で、12名は当局とトラブルを起こしており、うち9人は取り調べ中である。
  • 卯年生まれの人が7年連続で一番多く、その次は辰年生まれだった。子年生まれの人は最も少ない。
  • リストに掲載された個人の中で、Wang(王)という姓の人は7%だった。

【原文】

【via Technode】

----------[AD]----------