ソフトバンクのアジア投資数、都市別トップは韓国・ソウル【CBI調査】

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2018.10.16

softbank1-1024x532.png

Where Is SoftBank Investing In Asia? via CB Insights

ニュースサマリ:米リサーチ会社「CB Insights」がソフトバンクのアジア地区における投資ポートフォリオをまとめたインフォグラフィックスを公開している。都市別に見ると、同社が重点的に投資している韓国のソウル、中国の北京、上海が多いことがわかった。ソフトバンクグループおよびソフトバンク・ビジョンファンドが投資した先を集計している。

話題のポイント:突然の話題で揺れているソフトバンク・ビジョンファンド(と、本体投資)ですが、CBIにアジア地域に特化したポートフォリオのまとめがありましたので頭の整理に共有します。意外だったのは韓国・ソウル拠点の企業に多く投資している件です。電子パーツを扱うDerkwoo(トグ電子)やB2Bの食肉コマースMeatboxなど20社だそうで、中国の上海・北京の合計とほぼ同等数投資しているんですね。

逆に本拠地である日本にはレシピ動画のdely、スマホ証券のOneTapBuy、決済のOrigamiほか一社ということで結構絞られてます。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------