東大発、医療画像診断支援技術のエルピクセルが総額約30億円の資金調達を実施

SHARE:
eirl_002
Image Credit : 同社サイトから

AIを活用した医療画像診断支援技術を提供するエルピクセルは10月29日、オリンパス、富士フイルム、 CYBERDYNE等を引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金は総額約30億円。人工知能を活用した医療画像診断支援技術「EIRL(エイル)」を中心とする画像診断支援・画像解析ソフトウェア開発推進、国内外マーケティング、組織体制の強化を進める。

eirl_001
Image Credit : 同社サイトから

同社はライフサイエンス領域の画像解析を手がける東京大学発のベンチャー企業。医療画像診断支援技術の研究開発に注力しており、現在、東京大学や国立がん研究センターをはじめ複数の医療機関と連携し、人工知能を活用した医療画像診断支援の研究開発を進めている。今回増資を引き受けた企業とは業務提携も進めるとしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録