人工知能による効率化で医療アクセスの改善を目指す東大発のmiup、Beyond Next Venturesが1億円出資

SHARE:

miup.png

技術系スタートアップの育成投資を手がけるBeyond Next Venturesは11月5日に、バングラデシュで検査センターや医療サービス事業を手がけるmiupに1億円を出資したことを公表している。

miupは2015年創業の人工知能と医療の専門家からなる東京大学発のベンチャー企業。病気の特定などの分野でのAI開発を進めるほか、検診遠隔医療サービス・臨床検査センター運営、大型病院との連携を通じた様々な健康フェーズでの医療データの学習・分析により医療アクセスの改善を目指す。

まずはバングラデシュで臨床検査センター事業と医療サービ事業を展開する。今回の資金調達により臨床検査センター事業の拡大に必要な体制構築やマーケティングを進めるとともに、医療サービス事業の開発を進めるとしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録