宇宙ゴミを掃除するAstroscale、シリーズDラウンドで5,000万米ドルを調達——産業革新機構、SBIインベストメント、三菱地所らから

SHARE:
ELSA-d
Image credit: Astroscale

軌道上からの宇宙構造物デブリ除去に特化したスタートアップ Astroscale は、産業革新機構(INCJ)がリードし、SBI インベストメントや三菱地所によるファンドが参加したシリーズ D ラウンドで、5,000米万ドルを調達した。この調達を受けて、Astroscape の合計調達金額は1億200万米ドルに達した。

Astroscale は声明で次のように述べている。

打ち上げや衛星開発コストの低下によって宇宙がよりアクセスしやすい存在となるにつれ、スペースデブリ関連リスクは非常に高まりつつある。世界の政府や産業はこの懸念に関心を高めつつあり、ソリューションを求めつつある。

<関連記事>

Astroscale は調達した資金を、日本での開発や設計業務の加速など、さまざまな目標に向けて使う予定だ。イギリスでのエンジニアリング、調達、ビジネス開発力や、地上制御センターの機能向上や拡大にも使われる。

Astroscale は、2019年にアメリカにも進出を計画している。現在、同社は最初のスペースデブリ捕獲ミッションに取り組んでいる。ELSA-d(End of Life Services by Astroscale)のデモは、2020年初頭の打ち上げが予定されている。この PoC では、ランデブーやドッキング、近接運用など、デブリ除去に必要な技術のデモが行われる見込みだ。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------