ソニーとディズニーが支援するLittlstar Media、ブロックチェーンメディアプラットフォーム「Ara」をローンチ

by Chris O'Brien Chris O'Brien on 2018.11.10

littlstar_ceo
Littlstar Media の CEO であり Ara の共同制作者 Tony Mugavero 氏
Image Credit: Littlstar

Littlstar Media は「Ara」 をローンチしたことを発表した。この新しいブロックチェーン型プラットフォームは、クリエイターとアーティストがコンテンツを自分たちで管理できるようにするものである。

Sony と Disney が投資家として名を連ねる同社は、分散技術を使ってクリエイティブコミュニティの新しいビジネスモデルを支援することを目指しているという。これにより、アーティストは他のテック企業のプラットフォームへの依存度を減らしながら、ファンを増やしたり収益を得たりすることができるようになる。

Littlstar の CEO で Ara の共同制作者でもある Tony Mugavero 氏は声明で次のように語った。

アーティストやクリエイターは自分たちの作品から収益を得るのに苦労しています。彼らの生活や意見は、作品を発表するプラットフォームの気まぐれに翻弄されています。現在、クリエイターとファンの立場は対等です。しかし、サードパーティのプラットフォームがすべてをコントロールしています。Ara はそれをクリエイターとファンに返すことで、彼らが直接つながれるようにします。また、ファンがお気に入りのアーティストに報酬を与えるためのより良い方法も提供していきます。

Littlstar は以前、Sony と Disney を含むエンターテインメントメディア企業のグループから1,050万米ドルを調達している。同社は数年来 Ara プロジェクトに取り組んでいる

Ara はブロックチェーン型プロトコルのセットで、コンテンツの所有権の分散管理を実現し、トークンを使ってパブリッシャー、クリエイター、消費者間の取引を認証する。同社は、Ara がゲームや映画、音楽や写真などのコンテンツをサポートするために使われることを望んでいる。

Ara のシステムの一部によって、様々なデバイスからプラットフォームに接続して、未使用の処理能力を集めた分散型ネットワークを作り出すことができる。

コンテンツ検索や広告モデルのためにサードパーティ企業にデータを流用されるより、自身でデータを管理できる方が消費者にとってはメリットがあると同社は信じている。

Mugavero 氏は次のように声明で語った。

ブロックチェーン、分散型台帳技術、仮想通貨を活用することで、これまでにない新しい参加型システムが生まれます。「信頼された」サードパーティにアクセスと所有権を追跡・管理してもらう方法はたびたび私たちの信頼を裏切ってきましたが、このシステムによってそうしてもらう必要はなくなります。現代の私たちの生活は非常にデジタル依存なものになっているので、世界中のすべての業界が何らかの形でこの技術を活用できるはずです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------