WebSummit、VCファンド設立を計画——巨大カンファレンスで取得したスタートアップのデータを活用

by Chris O'Brien Chris O'Brien on 2018.11.7

WebSummit 2018
Image credit: WebSummit

本稿は、WebSummit 2018 の取材の一部である。

WebSummit は当初の立ち上がりから、主催者は洗練されたデータ運用を活用して世界最大のテクノロジーイベントを作り上げてきた。カンファレンスを運営するこの会社は現在、シードステージのベンチャーファンドのローンチに向け、同様の基盤を持つ情報を利用する計画を持っている。

フィナンシャルタイムズの11月5日の記事によると、同社は Amaranthine という5,000万米ドル規模のベンチャーキャピタルファンド創設を証券取引委員会(SEC)に申請した。

WebSummit の CEO、Paddy Cosgrave 氏は同紙に対しこのように語っている。

3日間、とてつもない大がかりな方法で、私たちは企業の手助けをしています。では、残りの362日はどうでしょうか?

この記事によると、WebSummit はイベントを訪れた何千というスタートアップや参加者について集めた大量のデータを活用していくという。イベントは本日(11月5日)、ポルトガルのリスボンで開始された。イベント主催者は最近、今後10年にわたりリスボンでカンファレンスを開催する契約に署名した。

始まりはダブリンだったが、その地で発展したのち2016年にリスボンに会場を移した。2011年当時の参加者は400人ほどの静かなスタートだったが、2014年には2万2,000人まで急速に増加、今週(11月第2週)のリスボンでは6万人以上の来場が予定されている。

WebSummit の設立者は当初、データサイエンスのチーム構築に出資し、商談アルゴリズムや動画キャプチャシステムを開発して、イベントの動向を追跡していた。

それにより、新たなベンチャーファンドがホットなスタートアップを見分けられるような情報の宝ができたと、フィナンシャルタイムズ紙は報じている。

ファンド創設の申請書はもともと、5月の時点で作成されていた。ジェネラルパートナーの名前には、以前 Goldman Sachs にいたPatrick Murphy 氏のほか、WebSummit 共同設立者 David Kelly 氏の名前があった。サンフランシスコを本拠とする Amaranthine の存在は以前にも知られていたが、WebSummit との関係はあまり知られていなかった。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------