YJキャピタルとEast Venturesのアクセラレータ「Code Republic」、第5期デモデイを開催——通算輩出の20社中、9社が次ラウンド調達に成功

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.12.12

YJ キャピタルと East Ventures が共同で運用するスタートアップアクセラレータ「Code Republic(コードリパブリック)」は11日、第5期のデモデイを開催し4チームが登壇した。第5期を含め通算でプログラムから輩出されたスタートアップは20チームに達し、このうち次ラウンドであるプレシリーズ A での資金調達に成功したスタートアップは9チームいることが明らかになった。

2016年4月に開始された Code Republic では3ヶ月間のプログラム期間中、参加した起業家に対して著名起業家とのディナーミーティング、メンタリング、ヤフーオフィス内のコワーキングスペース「LODGE」でオフィス環境を提供。また、Code Republic は、当該スタートアップの株式7%取得に対し、700万円を出資する(資金調達後評価額1億円)。

第5期デモデイでピッチ登壇した4チームを紹介したい。いずれも、次ラウンドの資金調達を希望している。なお、一部のチームについては、ステルスではないものの、サービスローンチから間もないため、サービス内容の詳述を意図的に避けた。

<関連記事>

CHECK by SPUR

使っている化粧品やスキンケア商品が肌に合わないなど、悩みを持っている女性は全年代を通じて50%以上存在し、また全体の70%程度の人が自分の肌が敏感であると考えている。韓国ではファへ(화해)、アメリカでは SkinDeep などが存在するが、SPUR では、日本にそれらに相当するスキンケア特化の口コミサイトが無いと考え、 スキンケアに特化した口コミレビューサイト「CHECK」の構築に至った。

サイトの特徴として、肌の悩み別で情報を検索できる、スキンケア商品のアレルギー成分の含有有無が一目でわかる、ユーザが情報を投稿する毎に特性を解析し、投稿回数を積むにつれ、その人により合った情報を提供できるなどを挙げている。CHECK は広告主などの影響を受けにくく、商品や皮膚科へのアフィリエイトにもよらない、「ヘアラボ(旧称:ハゲラボ)のようなサイトを目指しているようだ。

Meily by Meily

美容整形といえば韓国を思いつくが、施術件数では日本の方が多く年間190万件に達する。しかし、市場の大きさがあるにも関わらず、化粧品レビューサイトのような情報共有手段がなく、サービス提供者と享受者間での情報非対称性が生じている。ブログなどではクリニック名を伏せ字で書いているケースも多く、検索エンジンなどでもヒットしにくい。

Meily」は、美容医療に関する情報を提供する SNS だ。情報検索、体験者と通院中患者や今後診察を考えている人の間での Q&A を提供。また、美容皮膚科、美容外科、審美歯科などクリニックの症例一覧などの機能を有し、ユーザは提供サービスの比較検討ができる。iOSAndroid 向けにアプリをリリース済で、今後、web アプリの開発を検討中とのこと。

foriio by 1ne studio

foriio は、クリエイターとクリエイターに案件を発注する企業との案件マッチング提供するプラットフォームだ。発注者側は、発注先として選べるクリエイターのリーチに限りがあり、一方で、クリエイター側にはそういった発注者にアクセスを持たない人たちもいる。結果として、一部のクリエイターにのみ仕事が集中してしまい、能力がありながらも埋もれてしまっているクリエイターには仕事が回ってこないという機会の不均衡が生じている。

forlio では、クリエイターが過去に作ったポートフォリオのファイルをアップロードするだけで、適切なファイル形式に画像変換され web 上に整理・表示されるなど、クリエイターからのアプローチで発注者にアピールすることを容易ににする。提案先に応じて表示するポートフォリオを変えることもでき、複数のクリエイターで共同製作した作品について担当パートをクレジットすることも可能。スキルを可視化することで、人材マッチングの最適化を図る。

WINKS by LAETIA

WINKS は、中国向けのバーチャルタレントーエージェンシーだ。日本では昨年100人程度しかいなかったバーチャルタレントが、今年には5,000人程度にまで拡大。一方、LAETIA によれば、中国にはバーチャルタレントが現在200人ほどしかいないが、これからの半年で急激に増えるだろうとのことだ。

現在、WINKS では11人の中国向けバーチャルタレントを提供している。日本の萌えキャラのコンセプトをもとに、中国のメンバーによるローカライズを加えて、この分野で中国におけるトップの座を目指すとしている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------