AI特化の起業支援「DEEPCORE」運用ファンド、みずほ銀行や本田圭佑氏らが出資参加

SHARE:

AI特化型インキュベーターのディープコアは12月17日、同社が運営する投資ファンド「DEEPCORE TOKYO1号 」に新たなLP(リミテッド・パートナー)が追加されたことを公表した。ファンドに参加したのはみずほ銀行、電通、 Mistletoe Venture Partners、みずほ証券、日本政策投資銀行、日本ビジネスシステムズ、本田圭佑氏が手掛ける個人ファンド「KSK Angel」と社名非公開の法人および個人。

インキュベーションスペース「KERNEL HONGO」には所定の審査を経た人工知能研究者や起業準備中のスタートアップが集まっており、これらシード、アーリーステージへの企業投資・育成が中心となる。これまでVAAK、UsideU、Uplift labs、メドメイン、Liaroをはじめとする合計11社への投資実績がある。

via PR TIMES

----------[AD]----------