タイのオンデマンド印刷スタートアップGogoprint、インドネシアの競合Prinzioを買収

by Tech in Asia Tech in Asia on 2018.12.19

左から:Gogoprint 共同創業者 David Berghaeuser 氏、Prinzio 創業者 Riky Tenggara 氏、Gogoprint 共同創業者 Alexander Suess 氏
Image credit: Gogoprint

タイ発のオンライン印刷スタートアップ Gogoprint は12日、インドネシアの競合企業 Prinzio を金額非公開で買収したと発表した。この買収により、Prinzio が基盤を固めてきたインドネシアにおける Gogoprint のプレゼンスが拡大することになる。Prinzio の運営は、そのブランドやチームも含めて現在と同様独立して行われる。また、同社の設立者で Lazada と Rocket Internet の元幹部であった Riky Tenggara 氏が共同設立者として Gogoprint に加わる。

Gogoprint はチラシやリーフレットといった文書を印刷できるオンラインサービスである。このサービスには、用紙の種類や枚数といった項目を考慮し、こうした項目を一括処理して1枚の印刷用紙を最大限に活用するアルゴリズムが搭載されている。印刷用紙には1枚ごとに決まったコストがかかるため、Gogoprint は連携するプリンターのコストを削減してくれるのだ。同様に、Prinzio は低コストを売りにした一括印刷サービスである。

<関連記事>

Gogoprint の共同設立者である David Berghaeuser 氏によると、Prinzio は強固な顧客ベースが魅力なのだという。この買収により、Prinzio は Gogoprint の AI 能力を活用して製品の強化に努める。両社はインドネシアにおいて合わせて100社以上の印刷会社と提携し、2,500人以上の顧客に利用されている。Gogoprint はシンガポール、マレーシア、オーストラリアでもサービス展開している。

Gogoprint は10月、韓国やニュージーランドをはじめとする新市場への拡大に向けシリーズ A ラウンドで770万米ドルを調達した。両社に買収の金額を尋ねたが、金額は非公開とのことだった。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------