世界中の音楽フェスをライブストリーミングするLiveXLive、14〜15日開催の「Rolling Loud LA 2018」の模様を世界120カ国に配信予定

by Dean Takahashi Dean Takahashi on 2018.12.10

数十ものをコンサートをストリーミング配信する LiveXLive
Image credit: LiveXLive

LiveXLive は、世界中で開催されるライブ音楽フェスのストリーミング配信を目指し、4年前にスタートした。今年、同社は16イベント350時間を4,000万人の視聴者にストリーミングすることになりそうだ。そして4日、同社はロサンゼルスの Rolling Loud のストリーミングを担当すると発表した。

Twitch がゲームの分野で観賞体験を変化させたように、 LiveXLive は人々の音楽フェスの鑑賞体験をインターネットを通じて変化させることを目指している。カリフォルニア州ウエストハリウッドを拠点とする LiveXLive は、Rolling Loud のようなイベントについて、音楽ニュース、コメンタリー、フェスのアップデイト、アーティストインタビュー、ライブショウのストリーミングを担当する。

LiveXLive の会長兼 CEO Rob Ellin 氏は、VentureBeat とのインタビューで次のように語った。

音楽フェスでは、多くのアーティストがステージ上でパフォーマンスをする。我々は人々に、今までに無かったような形でライブ音楽を体験してほしい。

Ellin 氏は、LiveXLive が2019年に27件の音楽フェスをストリーミングする契約を持っているとしながら、今後の商談次第で40ないし50件にまで伸びるかもしれないと語った。ストリーミング対象は120カ国で、売上は4,500万米ドル以上に上っている。

同社には現在、75人の社員と40人前後のコンサルタントがいる。

Rolling Loud では、フェス会場のステージ上、サイドステージ、バックステージ、群衆の中から熱狂を届ける LiveZone が放送される予定。LiveZone の Ground Zero は、ライブのニュースルームと、インタビュー、コメンタリー、身近なパフォーマンスに使われるセット上ステージで構成される。

Rock in Rio、Jazz Montreal など、LiveXLive が取り扱うフェスの約30%はアメリカ国外で開催されている。同社は2017年に Slacker Radio を5,000万米ドルで買収。Slacker Radio がキュレーションするラジオサービスは、契約者が50万人以上にまで成長した。

脱落するライバルがいる中で、LiveXLive は今でも Yahoo と競っている。LiveXLive がフェス1回で獲得する閲覧数は300万件、フェス1日あたりではおそらく100万件に上る。

これをポップカルチャーにおける、ゲームチェンジャーだと考えている。25年前の MTV には足りない何かを埋めるようなものだ。世界中には、アーティストが数十人、聴衆が数千人集まる音楽フェスが2,000もある。(Ellin 氏)

時間をかけて、LiveXLive はやがて、AR(拡張現実)や VR(仮想現実)などの新技術をどうやって音楽ストリーミングに取り入れればよいかを理解するだろう。

消費者にはいずれ、ライブイベントからライブイベントへと、ハシゴできるようになってほしいと思う。我々は365日24時間、複数のライブイベントをストリーミングしたい。より没入できるような体験を提供したいと考えており、最高の音楽を見逃す人はいなくなるだろう。(Ellin 氏)

同社は前四半期、1,400万米ドルの収益を上げた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------