ニッセイ・キャピタル、フォローオン出資に特化した100億円規模のユニコーン創出ファンドを組成へ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.12.17

ニッセイ・キャピタルは17日、出資総額100億円規模となるファンド「ニッセイ・キャピタル EX 1号」を新規に組成することを明らかにした。ファンドの名前にある EX は「Exponential Growth(指数関数的成長)」を意味し、エクスパンションステージ以降の既存投資先のうち、大型の資金調達によって高い確率で、急激な成長が期待できる投資先に集中的に投資を行うとしている。

ファンドのチケットサイズは10億円超で、既存投資先を対象とすることから、1社あたりの累計投資額は数十億円規模となることを想定。ニッセイ・キャピタルは単一投資家(sole investor)またはリード投資家(lead investor)としてラウンドに参加する。時価総額500億円超の IPO を期待できることを投資条件にあげており、事実上のユニコーン創出ファンドと見ることができるだろう。

今回組成を発表した EX 1号ファンドを含め、同社のファンド運用総額は700億円規模となる。同社は2017年度の出資実績が、同社のどのファンドからの出資によるものかは明らかではないが、スタートアップ59社に対して78億円に上ったことを明らかにしている。

<関連記事>

<参考文献>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------