建設現場で働く技能労働者向けポータル「職人さんドットコム」運営、大和企業投資やサムライインキュベートなどから1億4,500万円を調達

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.12.3

職人さんドットコム

神戸に本拠を置く建設職人向けポータル「職人さんドットコム」を運営する職人さんドットコムは3日、大和企業投資、サムライインキュベート、三菱 UFJ キャピタル、みなとキャピタルから1億4,500万円を調達したことを明らかにした。同社では、調達したした資金を使って、財務基盤の強化、職人向け SNS などの新事業展開を加速するためのマーケティングや人材採用、セキュリティ強化などに用いるとしている。

職人さんドットコムは、建設現場で働く職人(2017年現在、国交省発表で技能労働者人口は331万人)を対象にした無料ポータルサイトを運営。プロショップ検索では、土地勘のない建設現場で資材や工具が必要になったりした場合、それらを調達できる店を探し出し、電話番号、住所、営業時間、駐車場、トイレの有無などの情報を掲載している。GPS 連動で現場から店までのルートを地図上に表示する。

サイトには3日現在、メーカー69社のプロ工具に関する情報、全国約2,500店舗のプロショップの情報が掲載されている。プロ工具メーカーと連携したユーザからの新製品のモニタ利用募集、掲載ショップからのユーザ向け製品プレゼントなども展開している。

昨年からは、建設現場に特化した求人・空き情報を提供するほか、最近では、工具を購入する時に工具の製造番号と所有者を登録・管理し、所有者自身がスマートフォンやパソコンで登録内容を確認することができる「工具防犯登録システム」を提供しており、掲載店舗の約1割にあたる232店舗で工具防犯登録が可能となっている。調達した資金の一部はこのサービスの拡充に向けた社内体制の強化に充てられる。

<関連記事>

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------