翻訳をより人間的なものにする耳装着型デバイス「WT2」〜TechCrunch深圳から(ビデオ)

by TechNode TechNode on 2018.12.8

ハードウェアスタートアップの Timekettle(時空壺)は、翻訳デバイスをより人間的なものにしようとしている。設立2年目のこのスタートアップは、旗艦プロダクトの耳に装着する翻訳デバイス「WT2」の生産を開始した。

Timekettle(時空壺)のマーケティング専門家 Kazaf Ye 氏は、耳に入れる翻訳デバイスが、話者間で受け渡しする必要のあるデバイスやアプリよりも、方法の上で優っていると考えている。

デバイスをタイプしたり受け渡ししたりすると、アイコンタクトができなくなりますね。ジェスチャーもできない。これは自然ではないし、人間的でもありません。(Ye 氏)

同社は以前、旅行者をターゲットにしていたが、初期生産を開始してみると、確かに40%のユーザは旅行者であったものの、残りの60%は中国国内で使っていることがわかったのだという。

もし、それが「その地下鉄の駅に行けるでしょうか?」とか「ステーキを注文できますか」といった単純な質問だったら、手に持つタイプの翻訳機で間に合うでしょう。でも、我々は、長時間に及ぶ、より深いコミュニケーションのためのソリューションを提供しているのです。(Ye 氏)

Ye 氏によれば、典型的な顧客にはビジネスユーザや、国際結婚した相手とうまくコミュニケーションしたい夫婦などがいるそうだ。

今日では、世界は互いに緊密につながるようになっていますから、自分が外国に旅行しなくても、外国人の方がこちらへやってきます。そうして、より多くの友人ができるようになるわけです。(Ye 氏)

【原文】

【via Technode】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------