CES 2019: 話題の製品発表に対する消費者の反応

by Dean Takahashi Dean Takahashi on 2019.1.18

ces-friend
新製品に釘付けの CES 参加者
Image Credit: Dean Takahashi

CES はギークやテック企業が毎年待ち望んでいる大規模なテック展示会である。だが消費者はラスベガスで開催されているこの大規模なテック展示会でお披露目されたものを、本当はどのくらい気に入っているのだろうか? どうやら、平均的な消費者は我々テック関係者ほどは盛り上がっていないようだ。

VentureBeat はオンデマンドな消費者調査企業 Toluna に、先週(1月第1週)書いた記事について緊急調査投票をしてもらった。18歳から55歳までの1,000人以上のアメリカ人消費者に回答してもらった結果を以下に記す。

調査対象の59%は展示会のどの主要カテゴリーに含まれる製品も所有していなかった。回答者の20.3%は Amazon Alexa のような音声認識製品や音声検索製品を所有していると答えた。14.5%はウェアラブルデバイスを持っており、14.4%はバーチャルリアリティゴーグルやヘッドセットを持っていた。13.3%は顔認識技術を所有しており、11.85%はスマートホームや IoT デバイスを所有していた。最も低いカテゴリーは拡張現実メガネで、回答者の6.3%しか持っていなかった。

toluna
大半の人は CES 2019で展示された主要カテゴリー製品を1つも所有していなかった
Image Credit: Toluna

以下にその他の結果の一部を記す。

  • 回答者の過半数(54%)は自動運転車や無人運転自動車の購入を考慮していなかった。
  • 45%は Comcast の先進セキュリティホームサービスシステムに興味を持っていた。
  • 回答者の3分の1は健康関連のウェアラブルデバイスを1年以内に購入することに興味を持っていた。
  • 55%以上の回答者は Procter & Gamble の IoT 製品の試用もしくは購入に興味を持っていた。

これらはインサイトの一部に過ぎない。スマートホームや IoT に接続したデバイスを使用したことがあるのは全体の30.7%だけだった。使用経験がある人の中では51%は期待通りだと答え、40%は期待以上だと答え、9%が期待以下だと答えた。

テレビの購入者は?

lg
自動巻き取り式の LG OLED TV R

34%の人は新しいテレビの購入に興味がないと答えた。だが興味があると答えた人が主な購入理由としたのは WiFi への接続機能であり、回答者の24%だった。17%は新しいテレビを買いたくなる理由として高解像度を挙げた。

回答者の23.1%が(展示会で筆者が気に入ったものの1つである)LG OLED TV R を「きわめて魅力的」であると答え、22.7%が「とても魅力的」、25%が「少し魅力的」と答えたが、29%はまったく魅力を感じなかったと答えた。

Comcast セキュリティ

comcast1
Comcast のセキュリティサービス「Xfinity」
Image Credit: Comcast

Comcast は家庭用ケーブルモデムユーザ向け先進 Xfinity セキュリティサービスを発表した。45%は興味があると答えたが、30.2%は興味がないと答え、24%は分からないと答えた。

ノート PC の購入者は?

alienware-area-51m
「Alienware Area-51m」Legend デザイン
Image Credit: Alienware

調査対象のうち23.7%は新しいノート PC の購入に興味がないと答えた。しかし23.3%は処理速度の高速化が購入理由だと答えた。18.1%はバッテリーが長持ちすることを別の理由に挙げ、9.9%は耐久性を理由とした。

ゲーマーかどうかを尋ねたところ、はいと答えたのは34.3%、いいえと答えたのは65.6%だった。18%は最新グラフィックのゲーム用ノート PC ならば購入すると答えた。30%はモニターもしくは個人用統合ディスプレイとノート PC ならば購入すると答え、15.3%は薄いデザインのゲーム用ノート PC ならば購入すると答え、13.9%はゲーム用ノート PC の代わりにデスクトップ PC を購入すると答えた。

ウェアラブルの購入者は?

Omron-HeartGuide-1
血圧を測定できる Omron HeartGuide
Image Credit: Omron

血圧を測る Omron HeartGuide のようなウェアラブルデバイスは CES 2019で人気であった。40%はウェアラブルデバイスを購入しないと答えた。しかし38.6%は全身の健康状態を追跡するウェアラブルデバイスを購入したいと答えた。36.2%は健康の指標をモニタリングするものを購入したいと答えた。28.5%は睡眠の質の向上のためにと答え、11.1%のみがスポーツのパフォーマンス向上のためと答えた。

ウェアラブルデバイスを購入する気がないと答えた人のうち、48%は価格が高すぎると答え、32%はプライバシーに関して懸念を抱えており、11%は取り扱いを覚えるのが難しいと答え、15.6%はじきに時代遅れになるからと答え、そして20.8%はすでに持っているテック機器が多すぎると答えた。

toluna-2
ウェアラブルに対する回答
Image Credit: Toluna

記事にしたウェアラブルデバイスの中で、29.7%は体温と太陽光で電池の動力が供給される Matrix Industries の PowerWatch 2のような腕時計を購入したいと答えた。36.4%は自分の足に合わせた中敷きを購入したいと答えた。16.4%は軽量の拡張現実グラスを購入したいと答え、15%は軽量の混合現実グラスを購入したいと答え、33%は血圧のような信号を追跡する健康関連のウェアラブル機器を購入したいと述べた。36%は上記のいずれも買わないと答えた。

その他のデバイスに関しては、24.7%が運転の安全のため社内で運転手の動きを追跡する AI センサーを購入したいと答えた。17.5%は車で使う AR ヘッドアップディスプレイを購入したいと答えた。20.4%はスマートトイレのような全自動家庭用デバイスを購入したいと答えた。23%は折り畳み式スマートフォンを購入したいと答えた。しかし、50%は上記のいずれも購入したくないと答えた。

無人自動車は?

byton-5
Byton の自動車用48インチスクリーンを紹介する同社 CEO Carsten Breitfeld 氏
Image Credit: Dean Takahashi

53.7%は自動運転車の購入を考慮しないと答えた。26.8%は考慮すると答え、19.4%は分からないと答えた。考慮しないと答えた人のうち、48%はドライブが楽しく車の運転が好きだと答え、34%は自動運転車は事故を起こしそうだと答え、13.6%は価格が高すぎだと思っていると答えた。

Procter & Gamble は?

pg-3
Gillette の発熱するカミソリ
Image Credit: Dean Takahashi

Procter & Gamble がその182年の歴史上初めてこの展示会に姿を見せた。発表された製品の中で最も人気が高かったのは、人工知能を使用してユーザに合わせたスキンケアのお勧めを作り上げるオンライン美容ツールであり、26%の賛同を得た。

20.6%はスキンケアコンサルティングのための旅行用ラーニングラボキットを購入したいと答えた。23.3%は香りの強さを調整できるコネクテッドスマートホームフレグランスデバイスを購入したいと答えた。24.8%は AI 搭載の歯ブラシを購入したいと答えた。20.3%は肌をスキャンしてシミを検知し一時的に隠すデバイスを購入したいと答えた。16.7%は発熱するカミソリを購入したいと答えた。そして15%は少ない水で綺麗に洗うことができるエンジニアード石鹸を購入したいと答えた。

全体として、42.4%はいずれの製品も買わないと答えた。

なぜテクノロジー製品を買うのか?

ces-sign
CES 2019のサイネージ
Image Credit: Dean Takahashi

最後に、調査ではなぜ新製品を買うのかという質問をした。40.3%は娯楽目的と答えた。25%はやらなければならないことを自動化するため、29%は行動データを測るため、37%はセキュリティのため、26%はプライバシーのため、13.3%はソーシャルメディアでシェアするため、17.8%はより良いゲーム体験のため、そして9.6%はよりパーソナライズされた広告を受け取るためと答えた。25.6%は新技術の購入に興味はないと答えた。

調査では1月8日から1月11日までラスベガスで開催された CES 2019展示会でローンチされたテクノロジーのトレンドや購入意図、消費者向けテクノロジーやデバイスの採用に関するインサイトを探った。

方法論としては、Toluna は世界的に調査を受けてくれる登録者4,000万人のコミュニティを確立している。回答者には報酬があり回答する動機付けがなされている(従業員や契約社員ではないため給料ではない)。登録者には e メールを通じてその人に関連する調査の通知がなされ、通知を受けた人は Toluna のプラットフォームにログインして調査を受ける。

登録の際には登録プロセスの一部としてデモグラフィック情報(年齢、性別、地域、教育レベル、人種、収入、雇用、主に買い物をする食料品店、18歳以下の子どもの数、その他)が保存される。標準的な回答者の数は1,000人であり、95%の信頼水準がある。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------