荷物預かりの「ecbo cloak」が2周年記念イベントを開催、iOS/Androidアプリリリースも敢行

SHARE:
2周年記念イベントで挨拶する ecbo 代表取締役の工藤慎一氏。
Image credit: Masaru Ikeda

手荷物預かりサービス「ecbo cloak」を展開する ecbo は19日、2017年のサービス開始から2周年を記念して東京・渋谷でユーザイベントを開催した。イベントにはユーザやメディアのほか、ecbo の投資家も多数招かれ、ecbo や ecbo cloak の今後に対する期待やコメントが多数寄せられた。

また、イベントでは iOSAndroid のモバイルアプリのローンチも発表された。これにより、web アプリからの利用に限られていたサービスの可能性がさらに広がることになる。web アプリとモバイルアプリの両方のアプリを試してみたが、モバイルアプリでは特に位置情報を利用した現在地周辺の ecbo cloak スポットを検索する際の UX が圧倒的に改善されている。

ecbo cloak

ecbo では「当日予約」や「リピート利用」などの利用動向が多いことを確認しており、モバイルアプリの導入によって、ユーザニーズに応じたサービスの提供が期待できる。位置情報と連動したプッシュ通知が可能になるため、付近のリアルタイムのサービス混雑度に合わせたスポット別のダイナミックプライシング(プライスサージやディスカウントなど)や小売業各社とのサービス連動なども考えられるだろう。

サービス開始3年目を迎える ecbo cloak は年内にも海外進出への展開を目論んでいる。ecbo 代表取締役の工藤慎一氏は普通話(北京語)、広東話(広東語)が堪能で中華圏にも造詣が深いことから、中国主要都市・台湾・香港・シンガポールなどへのサービス拡大が期待したいところ。日本へのインバウンド観光客のみならず、日本人観光客のアジア旅行にも便利を提供してくれることになりそうだ。

2周年記念イベントには多数のゲストが集まった。
Image credit: Masaru Ikeda
----------[AD]----------