居住者にゲストサービスを提供するマンション管理クラウド「Carson」シード調達ほかーー【今日の調達まとめ読み】

本稿は世界のスタートアップシーンを伝える起業家コミュニティFreaks.iD編集部との連動記事。若手起業家の集まるCxO Night定期開催中。資金調達やイベント情報はサイトもしくはこちらでチェックしてください

Image Credit:Carson

マンション居住者向けベネフィットサービス「Carson」がシードラウンドで300万ドルを調達。居住者はCarsonを通じて配達や生活品の修理、ゲストサービス(犬の散歩代行など)を専用アプリを通じて受けられる。不動産オーナーは居住者とのコミュニケーションから訪問者管理を含むセキュリティー・トラッキングができる。自前でベネフィットサービスを揃える手間を省ける点が大きなメリットとなる。24時間365日の対応を可能にするためのライブビューカメラも一緒に販売する。- Carson Raises $3M in Seed Funding

Image Credit:Aurora

自動運転車を開発する「Aurora」が20億ドルの評価額で5億ドルを調達。Google親会社「Alphabet」傘下の競合企業「Waymo」のように自社で自動車本体やセンサーを製造するのではなく、自動車メーカー向けに自動運転技術を卸すパートナーシップ開発に特化。すでに大手自動車会社「Volkswagen」や「Hyundai」を顧客に持ち、今回の資金調達は著名VCの「Sequoia Capital」がリードした。- Report: Self-driving car startup Aurora raising $500M on $2B valuation

Image Credit:Bird

電動スクーターシェアリングサービス「Bird」が3億ドルを調達。アメリカ都市部を中心にラストワンマイルを移動できるスクーターサービスを提供する。ユーザーはアプリを通じて最寄りで利用可能なBirdスクーターを検索、アプリバーコードをスキャンすることで起動する。初回利用時に1ドルを支払った後、毎分15セントが請求される。現在100以上の都市でサービスを展開している。- E-scooter startup Bird raising $300 mln: Axios

Image Credit:Flytrex

ドローン配達サービスを提供する「Flytrex」がシリーズBラウンドで750万ドルを調達。大手Eコマース企業やコンビニ利用者向けにドローン配達サービスを手頃な価格で提供する。顧客のロケーション情報を専用アプリを通じて把握し、最寄り地点へ空中浮遊しながら近づき商品をくくりつけたワイヤーを地上に落として配達するオペレーションが特徴。2018年2月からアイスランドでサービスを開始している。- Israeli drone tech company Flytrex rakes in $7.5 mln Series B

Image Credit:Lambda

授業料後払いオンラインスクールを運営する「Lambda」がシリーズBラウンドで3,000万ドルを調達。データサイエンスやUXデザインなどの専門分野に関して30週間のオンラインカリキュラムを提供。1.4兆ドルの学生ローン市場問題の解決を目指す。授業料の事前支払いを必要とはせず、卒業後に年間5万ドル以上の仕事を得られれば2年間収入の17%をLambdaへ支払う契約になっている。現在1,000人以上のユーザーを獲得し、卒業生の平均年収は8.5万ドルであるという。- Lambda School secures $30m financing for income share agreement model

Image Credit:Scape Technologies

AR企業向けクラウド3Dマップ「Scape Technologies」がシードラウンドで800万ドルを調達。ARコンテンツ開発者向けにクラウド3Dマップを開発。屋外の正確な位置にプログラムを展開するためのロケーションデータソースを提供する。従来、ローカルで3Dマップデータを活用せざるをえなかったARコンテンツ企業の課題を解決する。現在はα版を限定リリースしている。- Scape Technologies Raises $8M in Seed Funding

Image Credit:OneLogin

クラウドID管理サービス「OneLogin」が1億ドルを調達。Office 365やG Suite、Salesforceなどに代表される複数のクラウドサービス・アプリケーションを利用する企業向けにIDaaSソリューションを提供。各ID管理情報を高いセキュリティー下かつ低コストで運用できる。現在2,500社以上の企業が利用する。- OneLogin pulls in $100 mln

Image Credit:TaxJar

Eコマース事業者向け税申告サービス「TaxJar」がエクイティラウンドで6,000万ドルを調達。企業や個人が利用するEコマースサイトと連携し、簡単に消費税の管理・申告ができるソフトウェアを提供。米国では州ごとに消費税率が異なり計算が煩雑である課題を解決する。現在15,000以上の個人や企業が利用している。- Insight Venture Partners invests $60 mln in TaxJar

----------[AD]----------