Googleスピンオフ「Waymo」がレベル4の自律走行車開発へーー米ミシガンに工場建設

SHARE:
city cars vehicles street
Photo by Gratisography on Pexels.com

ピックアップ:Growing our team and business in Michigan

ニュースサマリー:Googleからスピンオフした自動運転プロジェクト「Waymo」は米ミシガン州に新たな工場を建設し、レベル4と呼ばれる自動運転車を開発するとしている。23日に同社が発表したもので、2019年後期より着手する予定。レベル4の自動運転は特定環境下であれば全ての動作を自動で行えるレベルのものになる。

Waymoはジャガー・クライスラーとパートナーシップを組んでおり、同工場ではJaguar I-PACEおよびChrysler’s Pacifica Hybridの自動運転車を開発する。

Waymoは昨年12月にアリゾナ州フェニックスにて自動運転型の配送サービスを開始している。デトロイトに建設予定の工場では建設費として約1360万ドルを投じ、約400人の雇用を創出するとも発表している。これに応じる形で州政府は約800万ドルの助成金をWaymoに対して付与するとした。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録