マレーシアのヘルスケアSaaS「HealthMetrics」運営、RHL Venturesから追加資金を調達

by Tech in Asia Tech in Asia on 2019.1.25

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


HealthMetrics のチームメンバー
Image credit: HealthMetrics

マレーシアを拠点とするヘルスケア管理プラットフォーム「HealthMetrics」が、既存投資家の RHL Ventures から追加で資金を確保したと発表した。

クアラルンプールに本社を置くRHL Ventures は、2018年4月に実施された同スタートアップの100万米ドルのシードラウンドに参加している。他に、日本に拠点を置く Spiral Ventures と、マレーシア政府の支援を受けている投資機関 Cradle Fund も参加している。

今回新たに調達した資金は、ペナン、ジョホール、ムラカなど半島マレーシアの戦略的都市における事業拡大計画の財源に充てられる。共同設立者兼 CEO の Alvin Yuan 氏は次のように述べた。

東南アジアで当社の事業範囲を拡大するという計画はありますが、マレーシア国内には他にもまだまだ成長の余地があると見ています。

HealthMetrics は、入院患者治療の専門医向けモジュールを導入し、現在サービス範囲の拡大にも取り組んでいる。2015年に事業を開始して以来、一般開業医や、歯科、眼科、外来患者治療向けなど、ヘルスケア関連のモジュールをいくつか展開している。

<関連記事>

HealthMetrics の医師用画面のダッシュボード
Image credit: HealthMetrics

Yuan 氏によると、企業側が従業員に対する医療給付をどのように扱ってきたかは、これまで常に見過ごされてきたという。結果的に、雇用保険料を支払い過ぎた企業もある。

従業員は、従業員給付制度を管理する上での透明性の欠如、不便さ、あるいは過度な複雑性といった理由で、給付金制度を十分に活用できていない可能性があります。

HealthMetrics のプラットフォームを利用することで、企業は管理業務を減らし、電子医療カルテの認証を行い、ヘルスケア情報をリアルタイムで提供し、インテリジェント・アナリティクスやレポートを生成することができる。一方従業員は、同社独自のモバイルアプリで医療給付の残額を確認したり、ヘルスケア提供者のサービスをキャッシュレスで受けたりすることができる。

HealthMetrics によると、同社のプラットフォームを企業360社、ヘルスケアパートナー2,000社が利用しており、ユーザ数は10万人を超えるという。また Yuan 氏によると、2018年末までに前年の4倍増にあたる320万米ドル(1,300万マレーシア・リンギット)近くの利益をあげているという。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------