中国・武漢にある「海底撈火鍋」の店内で、Wi-FiをハッキングしAVを放映した客が逮捕

by TechNode TechNode on 2019.1.26

Haidilao(海底撈)武漢大洋百貨門店の防犯カメラから。店内テレビに AV が写り込んでいることが確認できる。

TechNode Chinese(動点科技中文版)の報道によると、中国の警察は、人気外食チェーン「Haidilao(海底撈)」店内で Wi-Fi をハッキングした上、店内のテレビでアダルト映像を放映したとして、男を逮捕した。中国内陸部にある湖北省の省都、武漢の警察当局は1月11日、28歳の男 Liang(梁)を、スマートフォンを使って火鍋料理レストランの Wi-Fi をハッキングした容疑で逮捕したと発表した。

Haidilao は中国で有名な外食チェーンで、ホスピタリティが高いことから人気もあり、入店を待つ客が何時間も行列する例も珍しくない。同店で食事をしていた客の話では、1月5日、武漢にある Haidilao の店内のテレビが突然 CM からアダルト映像に切り替わったという。ウェイターがテレビの電源を切り、その後警察に通報した。中国のミニブログサイト Weibo(微博)上ではこの事件についての投稿が拡散し、月曜日の午後3時時点で1,400万回近くのアクセス数に達した。

その時点で Haidilao からはコメントの発表はなかった。

Weibo(微博)に投稿された Haidilao(海底撈)の正式謝罪コメント

武漢晩報によると、容疑者は別のカラオケバーでも Wi-Fi 接続アプリ「Guanjia(管家)」を使って店のネットワークに侵入し、同様の映像を放映したという。Haidilao は Weibo 上で謝罪コメントを発表し、サイバーセキュリティの対策を強化するとともに、全店でインターネット接続のテレビシステムのチェックを行うとしている。

モバイルファーストの市場ということもあり、Wi-Fi 接続サービスは中国で人気を集めている。ライブ動画配信や短編動画の共有などモバイルコンテンツサービスの普及に伴い、中国のネチズンにとってレストランや店舗、空港、駅などで利用できる無料の Wi-Fi ホットスポットは必要不可欠なものとなってきている。

Wi-Fi Guanjia 以外にも、同じく無料接続アプリである Wi-Fi Master Key(WiFi 万能鍵匙)も人気だ。このアプリを開発した LinkSure Network(連尚)のウェブサイトによると、同社は200の国と地域で9億人以上のユーザにインターネットへのアクセスを提供しており、月間5億2,000万人のアクティブユーザがいるという。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------