睡眠データ分析で従業員のメンタル不調削減を支援する「O:SLEEP(オースリープ)」運営、約2.2億円を資金調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.1.15

O: のチームメンバーと、本ラウンドに参加した投資家の皆さん(一部)
Image credit: O:

企業における従業員の睡眠データを分析し、メンタル不調による休退職を削減する B2B2E の睡眠支援サービス「O:SLEEP(オースリープ)」を研究開発する O:(オー)は15日、約2.2億円を調達したことを明らかにした。

このラウンドに参加したのは、Accord Ventures、Archetype Ventures、マネックスベンチャーズ、Draper Nexus Venture Partners(Draper Nexus)、キリンホールディングス(東証:2503)、名前非開示の個人投資家複数名。

加えて、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「平成30年度研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」からも助成金を受ける。O: は一昨年、「キリンアクセラレータープログラム 2017」に参加しており、キリンホールディングスの本ラウンド参加(2018年8月実行)は、これを受けての戦略的出資とみられる。

今回のラウンドは、O: にとって2017年12月に実施した、Draper Nexus とウィルグループ(東証:6089)からの約1.1億円の資金調達に続くものだ。同社では調達した資金を使って、開発体制・広報・営業及び顧客サポートの増強、法人向け事業の PoC とサービス開発、個人向けサービスの開発などを行う計画。

O:SLEEP
Image credit: O:

今回の調達とあわせ、昨年まで GREE でデータサイエンティストを務めていた鎌野里樹氏がプロダクトオーナーとして参画したことも発表された。O: では鎌野氏らを中心として、体内時計や睡眠アルゴリズムを含め開発体制を強化し、事業成長の加速と研究開発のスピードアップを図る。

O: は2016年12月、電通でコピーライターやデジタルプランナーをしていた谷本潤哉氏が創業したスタートアップ。谷本氏は海外で「時計を持たない1週間の無人島生活」を経験し、健康が劇的に回復したことをきっかけに体内時計に興味を持ち O:SLEEP の開発に至った。

O:SLEEP ではスマートフォンのアプリを使い、従業員に対し、睡眠状況の自動記録・可視化および睡眠衛生学に基づいたコーチングを行うことで、より良い睡眠習慣を提供する。居眠り運転の防止策として物流企業がドライバーの健康管理に導入している例など、これまでに大手企業を中心に累計1,500人が導入しているという。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------