食品流通「SEND」や生産者向け資金繰り支援「FarmPay」運営のプラネット・テーブル、シリーズDで大和証券グループなどから約6億円を調達

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.1.30

食糧の流通やビッグデータを扱うフードテックスタートアップのプラネット・テーブルは29日、シリーズ D ラウンドで約6億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、大和証券グループ本社と、その100%子会社である大和フード&アグリ(DFA)、Spiral Ventures Japan。

この資金調達には業務提携を伴っており、プラネット・テーブルは、農業者・畜産者・水産事業者、食関連事業者(「生産者」と略す)に向けたファイナンス・プラットフォームの共同設立に向けた検討を始めるとしている。今回のラウンドは、プラネット・テーブルにとって、2016年8月に実施した4億円、同年1月に実施した1億円の資金調達に続くものだ。

今回の資金調達にを受け、プラネット・テーブルでは農畜水産物の流通プラットフォーム「SEND」、生産者向け資金繰り支援サービス「FarmPay」のさらなる成長を加速させ、2019年上半期に「流通・物流」と「決済・金融」における新サービスの開発とリリースを予定している。

2015年8月にリリースした SEND では、国内5,000軒を超える生産者が出荷する生鮮品等を、主に都市部の優良飲食店等へ自社配送にて届けている。プラネット・テーブルでは今回提携した大和証券グループと共に、生産者へ事業資金等を提供するファンドの設立と運営、農畜水産・食に関するクラウドファンディング商品の共同組成、農畜水産・食に関するインキュベーション、アクセラレーター活動の推進を実施する計画だ。

via PR TIMES, Planet Table

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------