まちの課題を政治家と解決する「PoliPoli」がNOWなど4社から6000万円の資金調達、アプリリニューアルも実施

SHARE:

polipoli.png

政治コミュニティアプリ「PoliPoli」は1月17日、NOW、ベンチャーユナイテッド、F Ventures、インキュベイトファンドの4社を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は総額6000万円で、開発やPRなどの費用に充てられる。出資比率や払込日などの詳細は非公開。今回出資したNOWは前回に引き続き2回目の投資実行となる。

PoliPoliの公開は2018年7月。今年1月16日にサービスリニューアルを実施し、新たにプロジェクト機能を追加している。ユーザーは身の回りの課題をプロジェクトとして投稿し、共感が集まったものについては、登録している政治家を招待して課題解決のコミュニケーションが可能になる。スコアリング機能もあり、政治家を含めて参加しているユーザーには評価をつけることができる。

2019年は地方統一選挙、参議院選挙などの政治イベントが多数あることからコミュニティの質・量の成長に力を注ぐ。長期的には暗号通貨によるトークンエコノミーの実装も視野に事業を進める。

via PR TIMES

----------[AD]----------