SoftBank Ventures Korea、SoftBank Ventures Asiaに改称——上海とシンガポールにもオフィスを開設へ

SHARE:
SoftBank Ventures Korea が2017年にソウルで開催した Ventures Forum 2017。
Image credit: SoftBank Ventures Asia

異端の CEO 孫正義氏が率いるソフトバンクの投資子会社 SoftBank Ventures Korea は、東南アジアや中国への注力を増すのにあわせ、新年にあたり改称した。新社名は SoftBank Ventures Asia で、近年、韓国以外の地域でも運用実績を増していることを反映してものだ。

2000年に設立された同社は当初、韓国のテックベンチャー投資に特化していたが、まもなく他分野のスタートアップも支援を始めた。現在はソウル、北京、サンフランシスコ、テルアビブに拠点を持つ同社だが、改称と事業拡大の一環として、上海とシンガポールにも新オフィスを開設する予定。これは同社にとって、東南アジア初の拠点となる。

SoftBank Ventures Asia は、上海とシンガポールの両拠点に赴任する投資担当者を募集中としている。同社マネージングパートナー兼 CEO の JP Lee 氏は、次のように述べている。

アーリーステージで、我々のプレゼンスを拡大できる機会に喜んでいる。我々のビジョンは、ソフトバンクのコミュニティ、リソース、ネットワークへの類まれなアクセスを提供し、将来有望な若い起業家を支援することだ。

SoftBank Ventures Asia のポートフォリオは主に人工知能、IoT、ロボティクスに集中しており、管理下にある資産は110億米ドルを超える。これまでに10カ国の250社以上の企業に投資してきた。東南アジアにおける同社のポートフォリオ企業の一つが、インドネシアの E コマースユニコーン Tokopedia だ。ソフトバンクが運用するもう一つのビークルである Vision Fund は、Tokopedia の最近の11億ドル調達ラウンドで、中国のテック大手 Titan と共にリードインベスターを務めた

このほか、SoftBank Ventures Asia の東南アジアにおける投資先には、POS スタートアップの Moka、中古車ポータルの Carro、P2P 貸金の Funding Societies、C2C マーケットプレイスの Sendo、コワーキング運営の EV Hive などがある。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------