ホテルや民泊の横断検索・価格比較サイト「Stayway(ステイウェイ)」運営、エボラブルアジアやVOYAGE VENTURESらからシード資金を調達

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.1.30

ステイウェイのチームメンバー。前列中央が創業者で代表取締役社の佐藤淳氏
Image credit: Stayway

ホテル・民泊横断検索サイト「Stayway(ステイウェイ)」を運営するステイウェイは、シードラウンドで資金調達を実施したと発表した。このラウンドに参加したのは、エボラブルアジア(東証:6191)、浅野千尋氏(元マネーフォワード取締役)、VOYAGE VENTURES。調達金額は明らかにされていないが、関係者への取材によれば総額で数千万円台の後半とみられる。

ステイウェイは、デロイト出身の佐藤淳氏により2017年7月に設立。昨年6月に Stayway をローンチし、この際、エウレカ創業者の赤坂優氏からのエンジェル出資、元 Expedia 日本代表の三島健氏のアドバイザー就任が明らかにされた。民泊やホテル等の宿泊施設を、複数の OTA から同時検索・価格比較できるサービスを提供している。昨年後半には、ドローンや360°カメラなどのテクノロジーと、旅行領域に特化したインフルエンサーを活用した、地域観光 PR 事業をローンチした。

Stayway では、国内外複数の OTA に掲載されている情報を元に、世界100カ国2万年以上、400万物件以上の宿泊先検索・価格比較を実現している。今回出資したエボラブルアジアの OTA「エアトリ」は検索・比較対象には含まれていないが、連携の可能性は想像に易い。ステイウェイでは、オンラインとオフラインを融合させた事業展開を加速させるべく、調達した資金を使って、CTO をはじめエンジニアやインターン等の職種の募集に注力するとしている。

Stayway
Image credit: Stayway

Via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------