リース大手の東京センチュリー、配車サービスのドライバ向け自動車レンタル事業「Grab Rentals」に出資

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.1.8

Image credit: Grab

リース大手の東京センチュリー(東証:8439)は7日、東南アジアの配車サービス大手 Grab と、Grab が展開する自動車レンタル事業「Grab Rentals」に出資したことを明らかにした。東京センチュリーはこれまでにも Grab に2016年および2018年に出資しており、今回の出資を含め累積出資額は1億7,500米ドルに上るとしている。

Grab は現在、シリーズ H ラウンドにおける資金調達中であり、トヨタがリードインベスターを務め、ソフトバンク、マイクロソフト、ヒュンダイ、Booking Holdings などが参加している。このうちトヨタ自動車は10億米ドルを出資しており、当初30億米ドルと目されていた調達合計額は、最終的に50億米ドルに達する可能性がある。

Grab は2017年10月にレンタル事業への参入を発表。自己所有の車がなくても Grab のドライバ業務が可能になる。トヨタは同社の「Total-care Service」を世界で初めて提供する形で、シンガポールで Grab Rentals が所有する自動車1,500台にサポートを提供することを表明しており、コネクテッドカーサービスを通じて、テレマティクスをベースとする保険、金融プログラム、予測的メンテナンスなどのドライバ向け UX を提供する予定。

東京センチュリーは、伊藤忠が株式の約4分の1を保有する持分法適用会社で、中国やインドネシアなどで現地法人を設立し事業を展開している。インドネシアでは、現地大手財閥 Lippo Group 傘下の電子マネー「Ovo」に総額1億1,600万米ドルを戦略出資し業務提携を結んでいる。

<関連記事>

via Tokyo Century

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------