買取モール運営のウリドキネット、東急不動産HD傘下の学生情報センターと業務提携——学生マンション入居者向けに、家財売却サービスを提供

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.1.10

買取モール「ウリドキ」を運営するウリドキネットは10日、東急不動産ホールディングスグループ傘下の学生情報センターと業務提携したと発表した。学生情報センターの運営する学生マンション「ナジック」の入居者に対し、退去時を中心とした家財売却サービスを提供する。

ウリドキネットは2014年12月の設立。それより前からウリドキを運営しており(当初は買取価格比較サイトとしてβ運用、2016年8月に買取モールにピボットし正式サービスに移行)、昨年2月にはスマホでバーコードをスキャンするだけの買取アプリ「PICOL(ピコル)」をローンチした(昨年11月にサービスをシャットダウン)。

PICOL と同じく、ジラフの「スママ DASH」、メルカリの「メルカリ NOW」など〝ノールック即時買取系〟のサービスが続々と姿を消す中で(スママ DASH はサービスは継続するも、ビジネスモデル転換による事実上の即時買取からの撤退)、二次流通の市場開拓に向けて、スタートアップ各社の新たな挑戦が始まっているようだ。

ウリドキネットは2016年5月にアコード・ベンチャーズ、三菱 UFJ キャピタルなどから5,700万円(シードラウンド)、2016年6月にみずほキャピタルから1,000万円(シードラウンド)、2018年1月にプレシリーズ A ラウンドでエウレカの共同創業者で個人投資家の赤坂優氏と、複数の VC(名称非開示)から資金調達している(調達額非開示)。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------