政府によるネットの遮断の恐怖、ジンバブエで対抗組織がVPN利用を呼びかけ

by Taishi Masubuchi Taishi Masubuchi on 2019.1.26

boys in school uniform sitting on window frame of an unfinished classroom
Photo by Git Stephen Gitau on Pexels.com

ピックアップ: VPNs are now a part of life for Zimbabweans trying to get around a government internet shutdown

ニュースサマリー:ジンバブエ政府によるインターネットの遮断措置が始まった。今回の背景には、燃料費や日用品価格の高騰・不足に伴う暴動がある。1月19日にQuartzが報じている。

話題のポイント:ジンバブエ国民はSNSなどインターネットを通じ、政府に対するプロテスト活動の呼びかけをしていましたが、WhatsAppやFacebookそしてYouTubeなどが政府によってアクセス拒否を受けているそうです。。(18日にはTwitterへのアクセスが可能となってます)コミュニケーション手段を奪うことによる暴動の鎮静化が目的らしいです。

ジンバブエ国内ではVPNを活用しインターネットアクセス権を奪還する動きが強まっています。非政府組織団体であるMISAZimbabweはTwitterにて、VPNの使い方に関するインストラクションを国民に向けてツイートしてます。次の通り。

VPNと言えば中国のグレートファイアーウォール通過が有名ですが、今回の出来事を通じてジンバブエでのVPNを利用したインターネットの “民主化”が知識レベルで拡大する可能性がありそうですね。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------