仮想通貨取引支援のAerial Partners、約1億8,000万円を資金調達——ヤフー傘下のZコーポレーション、ジェネシア・ベンチャーズなどから

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.2.15

仮想通貨の取引支援事業を提供する Aerial Partners は、ヤフー(東証:4689)の100%子会社 Zコーポレーションと、ジェネシア・ベンチャーズなどから約1億8,000万円を調達したと発表した。Aerial Partners にとっては、2017年10月に実施した、日本テクノロジーベンチャーパートナーズや家入一真氏らからの5,000万円の調達に続くもの。

今回の調達と合わせ、Z コーポレーションの取締役兼パートナーを務める高田徹氏と、ゴールドマン・サックス日本法人技術部門の元マネージングディレクター Joh Flynn 氏が社外取締役に、また、グラネコの藤本真衣氏がアドバイザーに就任する。

同社では今回の増資により、仮想通貨の損益計算ソフト「Gtax(ジータックス)」の開発体制を強化するほか、仮想通貨取引にかかる確定申告サービス「Guardian(ガーディアン)」のサービス拡充に一層注力する計画。また、さらに、採用をはじめとする組織体制強化、ブロックチェーン技術の R&D を含む新規サービスの開発にも取り組むとしている。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------