NTTドコモ、スタートアップ3社への出資・協業を発表——スペースマーケット、出張撮影のラブグラフ、ゲームストリーミングのHatchと

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.2.6

今回新たに出資・協業することを明らかにしたスタートアップ3社を紹介する、
NTT ドコモ・ベンチャーズ代表取締役社長 稲川尚之氏
Image credit: Masaru Ikeda

NTT ドコモ・ベンチャーズは6日、都内で「NTT Docomo Ventures Day 2019」を開催。このイベントで、NTT ドコモはオープンイノベーションを念頭に置いた、スタートアップ3社への出資と協業を発表した。いずれの社に対する出資についても、NTT ドコモ単体からの出資額は明らかにされていない。

スペースマーケットとは、ドコモが配信するスポーツやライブ映像などのエンターテイメントコンテンツをスペースマーケットが運営するレンタルスペースにおいて、親しい仲間と共に楽しむ新しい体験型サービスの商用提供を目指すとしている。

協業での取り組みを紹介するスペースマーケット 代表取締役 CEO 重松大輔氏(左)と、
NTT ドコモスマートライフ推進部 スポーツ&ライブビジネス推進室長 馬場浩史氏(右)
Image credit: Masaru Ikeda

この協業の第一弾として、NTT ドコモとスペースマーケットは、エイベックスの協力を得て、2月17日に恵比寿ザ・ガーデンホールで開催される「moumoon」のライブの模様を東京2会場と大阪1会場で中継する。生配信と事後配信で視聴することができ、顧客は参加人数単位のチケット代とレンタルスペース代金を支払う仕組みだ。

なお、スペースマーケットは1月、シリーズ C ラウンドで複数社から約8.5億円の調達を発表しているが、この出資者の中にはドコモ・ベンチャーズは含まれていなかった(出資の実施は、それより以前の2018年12月27日とのこと)。

2018年に実施したスタートアップへの出資・協業事例を紹介する、
NTT ドコモ代表取締役社長 吉澤和弘氏
Image credit: Masaru Ikeda

ラブグラフへの出資は既報の通りだ。同社が提供する、カップルや家族、友達向けの出張写真撮影サービス「Lovegraph(ラブグラフ)」のターゲットが、ドコモの写真クラウドサービス「d フォト」のユーザ層と重なることから、昨年すでに潜在ユーザに撮影体験を身近に感じてもらえるキャンペーンを共同で実施してきたという。今回の出資を受けて、さらに協業関係を深めるとしている(2019年1月7日に出資)。

また、ドコモにとって初めて北欧圏のスタートアップへの出資も明らかにされた。フィンランドに拠点を置く Hatch Entertainment(以下、Hatch)は、ダウンロードする必要のないゲームのストリーミング再生を可能にする技術を提供している。音楽再生における Spotify、映画やドラマ再生における Netflix と同じく、ゲームの世界にもダウンロードしないで楽しめる体験が、来たる 5G 環境において求められるとの判断から出資・協業に至ったようだ(2019年2月4日に出資)。

協業によって実現するサービスやユーザ体験を説明する、
Hatch Entertainment Head of Marketing の Lassi Nummi 氏
Image credit: Masaru Ikeda

Hatch との業務提携により、日本のプレーヤーは d アカウントを使って Hatch のサイトにログインしゲームが楽しめるようになるほか、ドコモの映像コンテンツを再生できるセットトップボックス「ドコモテレビターミナル」にも対応する。これを記念して、2月15日〜17日、福岡国際センターで開催される e スポーツイベント「EVO Japan 2019」に体験コーナーが設置される予定だ。

なお、Hatch は Angry Birds で知られる Rovio Entertainment の子会社である。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------