配車サービス事業者向け自動車保険「Inshur」が700万ドル調達ほかーー【今日の調達まとめ読み】

本稿は世界のスタートアップシーンを伝える起業家コミュニティFreaks.iD編集部との連動記事。若手起業家の集まるCxO Night定期開催中。資金調達やイベント情報はサイトもしくはこちらでチェックしてください

01_Eero
Image Credit: Eero

Amazonがwifiルーター会社「Eero」を買収。Eeroは一台あたり1,000平方フィートの範囲を強いwifiでカバーできる「Eero Beacon」を149ドルで提供する。また、年間99ドルでパスワード管理やWebセキュリティーサービスを提供する。「一家に一台wifiルーター」という従来の考えを変える、コンパクトかつ強力なルーターを開発する。同社は2017年のシリーズDの資金調達ラウンドで企業評価額が2億1,500万ドルに達していたという。- Amazon is acquiring Wi-Fi router company Eero, which helps blanket your entire home with a strong wireless-internet signal

02_PerimeterX.png
Image Credit: PerimeterX

ボット攻撃に対応するセキュリティサービス「PerimeterX」がシリーズCラウンドで4,300万ドルを調達。機械学習を利用してSNSアカウントの乗っ取りやEコマースサイトへの攻撃を防御する。同社が提供するJavaScriptのコードをウェブサイトに貼り付けるだけで利用可能という手軽さもポイント。現在140名の従業員を有しており、利用企業には「Skyscanner」や「PUMA」の名前が挙げられる。- PerimeterX secures $43M to protect web apps from bot attacks

03_Auris.png
Image Credit: Auris

大手医療メーカー「ジョンソンアンドジョンソン」が手術用ロボットを開発する「Auris」を34億ドルで買収。「Auris」は遠隔内視鏡手術を専門とした医療ロボットを開発。主に肺がん治療などに利用されている。ジョンソンアンドジョンソンが医療ロボティクス分野に参入したのは今回の買収が初めて。- Johnson & Johnson to buy surgical robotics firm Auris for $3.4 billion

04_Unity_Technologies.png
Image Credit: Unity Technologies

ゲーム開発エンジンを提供する「Unity Technologies」が2020年のIPOを目指す。「Pokemon Go」を始めとするモバイル・AR・VRソフトウェアを開発するためのゲーム開発エンジンを提供する。年間売上高は3億ドルを超え、現在の企業評価額は30億ドルであるという。- Unity Technologies, the gaming startup worth more than $3 billion, is reportedly planning to go public in 2020

05_Eastnine.png
Image Credit: Eastnine

フィットネスアプリ「Eastnine」がシードラウンドで200万ポンドを調達。プロアスリートによるコーチングプログラムをアプリを通じて提供する。日々のトレーニング結果を他ユーザーとランキング形式で共有・競争することができる。現在は無料のβ版を公開しており、今後はフリーミアムモデルでサービスを展開していくという。- Fitness startup Eastnine picks up £2M from LocalGlobe, Cherry Ventures, Niklas Zennström and others

06_Inshur
Image Credit: Inshur

オンライン自動車保険の「Inshur」がシリーズAラウンドで700万ドルを調達。主に配車サービス事業者向けに自動車保険をアプリを通じて提供する。「ドライバー向けLemonade」とも呼べるだろう。たとえばUberに代表されるカーシェアリングサービス利用時に発生した事故や損害が補償内容に含まれる。現在17,000人以上のユーザーを獲得しているという。- INSHUR closes $7M in Series A funding and a $2M credit facility

07_Rapyd.png
Image Credit: Rapyd

オンライン決済APIプラットフォーム「Rapyd」が4,000万ドルを調達。Rapydが提供するAPIを組み込めば、自社ソフトウェアに電子ウォレットや銀行振込、クレジット決済などの機能を追加することができる。世界各国のローカル決済サービスと手軽に連携でき、現在170以上の国と65種類の通貨決済が可能だという。「フィンテック版AWS」の市場ポジションを目指す。今回の資金調達は米国のFintech企業「Stripe」がリードした。- Stripe leads $40m funding round in paytech Rapyd

08_3DEN.png
Image Credit: 3DEN

都度払いコワーキングスペース「3DEN」が200万ドルを調達。30分、6ドルでコワーキング及び一息つけるリラックススペースとして利用できる空間を会員向けに提供する。アプリを通じて空き状況の確認、チェックインの手続きやシャワーの予約が可能。3月15日に1店舗目がオープン予定で、さらにニューヨーク市内4拠点で展開する見込み。シェアリングスペース市場における「Third Place」の立ち位置を目指す。- 3DEN raises $2M to create pay-as-you-go urban spaces