Web改善コンサルティングのWACUL、産学連携の社内研究組織をローンチ——デジタルマーケティング分野の知見を積極的に提供・共有へ

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.2.27

左上から時計回りに:WACUL CIO 垣内勇威氏、東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授の阿部誠氏、京都大学経営管理大学院経営研究センター長で経済学研究科教授の若林靖永氏、明治大学大学院先端数理科学研究科・総合数理学部准教授の櫻井義尚氏

Web 改善コンサルティング事業を行う WACUL(ワカル)は27日、社内研究組織「WACUL Technology & Marketing Lab.」を設立したと発表した。この研究組織では、中長期的な非連続な事業の発展に向けた研究活動と、Web マーケティングに関わる新たな〝勝ちパターン〟を研究するという。研究の成果は、WACUL の成長の土台作りや、同社の旗艦プロダクト「AI アナリスト」の改善に生かされる予定。

研究組織の代表者として、WACUL Technology & Marketing Lab. の所長には WACUL CIO(Chief Incubation Officer)の垣内勇威氏が就任。このほか、東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授の阿部誠氏、京都大学経営管理大学院経営研究センター長で経済学研究科教授の若林靖永氏、明治大学大学院先端数理科学研究科・総合数理学部准教授の櫻井義尚氏といったマーケティング分野の学術的権威が顧問として関わる。

今回の研究組織のローンチに合わせ、その活動の第一弾として「スマホ時代のEC市場の将来とECの検索窓から見たベストな UI の提言」と題された報告書が発表された。同社では今後、このような報告書以外にもオウンドメディアを通じてデジタルマーケティング分野の知見を積極的に提供していくとしている。

WACUL は2010年9月の設立、2015年4月に AI 活用によるアクセス解析およびコンサルティングツールの AIアナリストをリリースした。AI アナリストは Google Analytics とアカウント連携することで、コンバージョンレートを上げるために現在の Web サイトをどう改善すればよいか、具体策を人工知能が教えてくれるのが特徴だ。提案内容には、人工知能のコメントを受けて、WACUL のコンサルタントからの提案も付加される。

これまでの同社の累積資金調達額は12億円超。旗艦サービスの AI アナリストに加え、先月にはオウンドメディアに特化したコンテンツマーケティングの実行支援サービス「AI ライター」の本格提供を開始している。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------