360 Finance(360金融)、ソーシャルeコマースに進出へ——Pinduoduo(拼多多)などと競合か

SHARE:

中国のフィンテック会社 360 Finance(360金融)は、同国のソーシャル e コマース業界の進出に向け、準備を進めている。ソーシャルeコマースは Pinduoduo(拼多多)、Alibaba(阿里巴巴)、JD.com(京東)など大手企業を筆頭に競争が激化している分野である。

Ebrun(億邦動力)が入手した投資情報によると、360 Financeは生鮮食品、家電製品、電子機器など幅広い商品を扱う共同購入型プラットフォームをローンチする予定だという。サービス開始は早ければ3月1日になる見通しだ。

360 Finance からはすぐにコメントを得ることができなかった。

同社は、リスクが低くサービスの行き届いていない債務者に消費者金融のデジタル商品を提供することに注力している。約8,000万人の登録ユーザを擁し、12月には NASDAQ にデビューを果たした

<関連記事>

ユーザが共同で購入することで商品やサービスを低価格で提供できるソーシャル e コマースプラットフォームは、下級都市や農村地域に住む消費者をターゲットにしている。Tencent(騰訊)の支援を受ける Pinduoduo が中心となる同業界は、Taobao(淘宝)、JD.com、Suning(蘇寧)など大手eコマース企業が独自のサービスを展開するなど、競争がより一層激しくなっている。

JD.com は共同購入の人気に対応するため、内部組織の見直しを図った。一連の再編計画が実施された後、ソーシャル e コマース事業部門を最近立ち上げた。一方、オンデマンド型フードデリバリ会社 Meituan(美団)は10月、WeChat(微信)のミニプログラムで共同購入機能を初公開した。

これとは別に、360 Finance は別のソーシャル e コマースプラットフォームにも取り組んでいると伝えられている。Yunji(雲集)や Beidian(貝店)のようなサイトと同様に、同プラットフォームは店舗オーナーに商品を供給し、マーケティング、プロモーション、運営に役立てることを目的としている。

360 Finance は9月、インターネットセキュリティ大手で中国最大級のインターネット企業である親会社 Qihoo 360(奇虎 360)からスピンオフした。Qihoo は以前 e コマースに参入しており、オンライン家電量販店である 360 Mall(360 商城)と e コマース企業にニューリテールテクノロジーソリューションを提供するクラウドプラットフォームを運営している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】