インテリアコーディネート「KAREN(カレン)」運営、エンジェル複数から数千万円をシード調達——家具シェアリングの「CLAS」と提携

SHARE:
あるユーザの現在の部屋(Before)と、KAREN が提案した 3D パース
Image credit: Ashbery

<27日午前8時30分更新>

本稿を初出時、CLAS と airRoom と提携としたが、今回の提携は CLAS とのみ。該当箇所を削除、タイトルを修正。

好みやライフスタイルに合わせて、3D パースでインテリアを提案してくれるコーディネートサービス「KAREN(カレン)」を運営するスタートアップ ASHBERY(アシュベリー)は27日、シードラウンドで資金調達を実施したと発表した。このラウンドに参加したのは、共にエウレカ共同創業者である赤坂優氏と西川順氏、Fablic 共同創業者で ANGEL PORT の June Taketani 氏。詳細な調達金額は明らかになっていないが、数千万円程度とみられる。

<関連記事>

KAREN は部屋を模様替えしたいユーザが、インテリアの提案を依頼できるサービスだ。現在の自分の部屋の写真をアップロードし、さらに、KAREN 上で気に入ったインテリア写真を3つほど選ぶと、アキネイターの要領で KAREN がユーザの好みを分析し、その情報をもとにコーディネーターが家具を提案してくれる。

今回調達した金額は、インテリアコーディネータの確保とユーザのオーガニック流入強化に充てられる見込みだ。

KAREN は当初からアウトプットとして得られる提案内容の質の高さを売りにしているが、これを維持するためには質の高いインテリアコーディネータを一定量確保する必要がある。同社ではそのために、インテリアコーディネーターを養成する専門学校などとも連携するなど、複数の施策を実施中であったり計画中であったりするという。マーケティングにおいては、Instagram 上でのリスティング広告などをやめ、自社コンテンツを充実させることで、SNS からのオーガニック獲得に注力するとしている。

Image credit: Ashbery

また、KAREN は家具レンタルの「CLAS」と提携、CLAS の Web サイトから KAREN にお客を受け付け、その後、CLAS へ戻し送客するサービスを始めることも明らかにした。KAREN では、CLAS の家具サービスを使ったコーディネートを提案、ユーザは通常より1,000円割り引かれた形でサービスを受けることができる。

<関連記事>

可視化されたインテリア提案サービスを提供するスタートアップは KAREN にとどまらず、最近では LIVING STYLE の RoomCo が東急百貨店と連携して事業展開することを明らかにしている。

----------[AD]----------