Go-Jekが1億米ドルを調達、インドネシアの有名財閥Astraと共同事業を設立

by e27 e27 on 2019.3.6

インドネシアで最も有名な財閥の一つ Astra International は、四輪車配車事業を加速させ、同様の公共向けオンライン交通サービスの利用度を増すことを目的として、ジョイントベンチャーを設立すると発表した。また Astra は、Go-Jek に対し1億米ドルの資金を出資するとも発表した。これにより、Go-Jek の累積調達金額は2億5,000万米ドルとなる。

Astra International の代表取締役である Prijono Sugiarto 氏は、次のように述べている。

今回のジョイントベンチャーと、Go-Jek のシリーズ F ラウンド資金調達に対する Astra の参加は、Go-Jek に対する我々の信頼を反映したものであり、Astra が持つ自動車部門との事業シナジーを構築することを目的としている。最終目標は、国家経済をさらに良くし、インドネシア社会に富の分散をもたらすべく、みんなに堅苦しい業界に参入してもらうことだ。

インドネシアは、過去3年間でデジタル経済の伸びが49%を記録しており、2025年にはその規模が1,000億米ドルに達すると期待されている

Go-Jek の創業者兼 CEO Nadiem Makarim 氏は、次のように述べている。

インドネシアが手にしている成長の波に乗って、収入を増やして社会の健全性を高めるために、より多くの事業機会を開放していきたい。

今回のジョイントベンチャーを通じて、数千台に及ぶクルマに対して、Astra FMS に対応した交通管理システムが提供される。Go-Jek は Go-Car に代表される配車テクノロジーと組み合わせ、パートナーに対して、Go-Car でかなりの収入が得られるドアツードアの高品質なオンライン交通サービスを展開できる機会を提供することになるだろう。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------