オープンイノベーションを語る2日間「Japan Open Innovation Fes 2019」6月4日に開催、先行割引は3月末まで

SHARE:

joif_001

パーソルキャリアの「eiicon company(エイコンカンパニー)」は6月4日と5日の2日間、都内にてオープンイノベーションをテーマにしたカンファレンス「Japan Open Innovation Fes 2019」を開催する。会場は東京ミッドタウン日比谷にある「BASE Q」で、チケットは3万円(eiicon会員は半額)。3月末までは先行割引として2万円での購入が可能。

eiiconはオープンイノベーション(企業間協業)を進めるプラットフォーム。企業データベースや各社の活動レポートなどの掲載を通じて、協業の促進を狙う企業をサポートしている。

joif_002

6月に開催予定のカンファレンスでは「オープンイノベーションで加速する世界」をテーマに30名のスピーカー陣が討論を交わす。ネットワーキングや企業ブース、スタートアップピッチのステージも予定されており、オープンイノベーションに興味ある新規事業担当者や投資家、起業家と出会える機会を提供する。2日間で想定している動員数は1000名。ブース出展は30社を見込む。

グロービス・キャピタル・パートナーズCOOの今野穣氏や、mediba代表取締役の江幡智広氏、内閣府のイノベーション創出環境担当を務める石井 芳明氏、CAMPFIRE代表取締役の家入一真氏らが登壇を予定している。主な登壇者は次の通り。全プログラムはこちらで確認できる。

 

----------[AD]----------