スタートアップ資金調達管理「smartround」がシード資金獲得、エンジェルら20名から

SHARE:
smartround_005
Image Credit : スマートラウンド/投資家側サービス

資金調達業務を効率化する「smartround」を開発・提供するスマートラウンドは3月6日、個人投資家を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金はこれらの出資に合わせ、日本政策金融公庫からの借り入れを含めて5500万円。各個人の出資額や株式比率などの詳細は公開されていない。

今回、公表されている個人投資家は赤坂優氏、朝倉祐介氏、有安伸宏氏、伊藤英佑氏、漆原茂氏、海老根智仁氏、荻原国啓氏、片尾英和氏、久保泰一郎氏、佐藤裕介氏、島田亨氏、杉山全功氏、関喜史氏、孫泰蔵氏、高梨大輔氏、高野秀敏氏、中川綾太郎氏、三木寛文氏、山木学氏、脇丸俊郎氏など。

smartroundはスタートアップと彼らに出資する投資家にかかる資金調達業務を効率化するクラウドサービス。それぞれにサービスが提供されており料金体系などが異なる。

smartround_001
Image Credit : スマートラウンド/スタートアップ側サービス

スタートアップに対してはガイドに沿って情報を入力することで資本政策が作成できる機能や、実行中の投資ラウンド管理、株主と交わす契約書などのファイル共有、TODO機能などが提供される。投資サイドは出資しているスタートアップを一覧で管理することも可能。現在はβ版として限定的にサービスを公開している。調達した資金で商用サービスの公開に向けて機能改善などを進める予定。

smartround
写真中央:スマートラウンド代表取締役の砂川大氏

スマートラウンドの創業は2018年5月。創業者の砂川大氏は商社やベンチャーキャピタルでのキャリアを経て、2005年に位置情報関連のロケーションバリューを創業した起業家。2012年にはドコモグループ入りし、同社代表を退任後に再度シリアルアントレプレナーとしてスタートアップした。

----------[AD]----------