ブロックチェーンでアート作品を管理するスタートバーンが3.1億円調達、UTEC、SXキャピタル、電通等から

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.3.25

d16730-8-358167-10.png

アートとテクノロジーを主軸に事業展開するスタートバーンは3月19日、UTEC、SXキャピタル、電通、片山龍太郎氏を引受先とした第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は3億1000万円。また、これにあわせて経営体制を強化し、3月1日付で取締役COOに元AnyPayの大野紗和子氏、社外取締役に元クリスティーズ片山龍太郎氏が就任したことも伝えている。

同社は世界中のアートサービスをつなぎ、作品の来歴・流通マネジメントを可能とするブロックチェーンネットワークを開発している。ブロックチェーンの非改ざん性・相互運用性を活用した証明書により、売買の履歴だけでなく美術館での展示、貸し出し、鑑定といった作品の評価と信頼性に関わる履歴を記録できる。

また、スマートコントラクトによるリージョンコントロール・著作権管理を含めた流通管理やアーティストへの還元金の設定が可能としている。同社はすでに、昨年テストネットを公開しており、そこに接続する自社サービスstartbahn.org への証明書発行機能実装などを進めている。

今回調達した資金は、ブロックチェーンネットワーク・接続ASP開発の加速、事業提携・共同事業を含めた国内外のビジネス展開、知財戦略及び採用強化などに活用する。

今後は、更に幅広いアート関連サービスとの連携を進める他、従来のアート流通における活用に加えて、デジタルコンテンツの流通や販売管理、美術品のレンタルビジネス、高級ブランドの二次流通管理、美術品の分散所有等、広い領域の事業との連携を見据えるとした。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------