Cloudflare、IPOが噂される中で1億5,000万米ドルを資金調達——シリーズEラウンド

by Paul Sawers Paul Sawers on 2019.3.22

Cloudflare のホームページ

Web パフォーマンスおよびセキュリティプラットフォームの Cloudflare は、Franklin Templeton がリードする投資ラウンドで1億5,000万米ドルの資金を調達した。

2009年に設立された Cloudflare は、企業向けにレイテンシーを削減する幅広いサービスを提供している。そのサービスには、分散型サービス妨害攻撃(DDoS攻撃)の軽減およびコンテンツデリバリネットワーク(CDN)がある。

昨年「2019年前半、Cloudflare は IPO を検討しており、企業価値は35億米ドル以上になる見込み」というレポートが発表されている。1億5,000万米ドルの資金調達はこのレポート予測ほど新規上場が近くないことを示唆しているが、近い将来 IPO に向け、アグレッシブな急成長を実現しようとしている表れであろう。

この直近の資金調達は CapitalG(以前の Google Capital)、Microsoft、Qualcomm、Baidu(百度)など複数の有名企業が参加した1億1,000万米ドル規模のシリーズ D ラウンドを発表した2015年以来、サンフランシスコ拠点の同社にとって4年ぶりの外部からの資金調達である。プレスリリースによると、Cloudflare は創業以来、これまで3億3,000万米ドルを超える資金を調達したという。今回手に入れた資金は自社製品の拡大、世界進出の継続に充てられる予定だ。

2019年に IPO を検討している企業は CloudFlare だけに留まらない。昨夏に調達した4,000万米ドルを含め、合計2億2,000万米ドル近くの資金を調達した Fastly もそのうちの1社である。

Cloudflare と Fastly が今年株式市場に参入するとすれば、ウォールストリートに名を馳せるセキュリティ特化のプラットフォームに関する、より範囲の広いトレンドにフィットすることだろう。昨年3月、Zscaler は Nasdaq へ上場し、その12ヶ月後には、公開時の1,600万米ドルからほぼ4倍となった。過去1年間に上場したセキュリティ企業は他に Carbon Black や Tenable などがいて、多額の資金を調達した CrowdStrike も2019年の IPO を目指していると報じられている。

Cloudflare は12日、この多額の資金調達に加え、Nike Foundation の創業者兼共同チェアパーソンである Maria Eitel 氏と Silicon Graphics の元 CFO Stan Meresman 氏の2人を同社の取締役会に迎え入れたと発表した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------