F Ventures、10億円規模となる2号ファンドを組成——投資先などに、福岡・東京・大阪を横断で使える定額コワーキングスペースも提供へ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.4.9

F Ventures のメンバー。中央が設立者でジェネラルパートナーの両角将太氏。
Image credit: F Ventures

福岡を拠点とするスタートアップ向け投資ファンド F Ventures は9日、2号ファンドの組成を開始し、資金調達のファーストクローズを迎えたことを明らかにした。2号ファンドの想定規模は約10億円で、2017年6月に資金調達を最終クローズした1号ファンドの約5倍の規模を目指す。

2号ファンドの LP(出資者)については、資金調達を最終クローズした時点で公表するとしており、現時点では非開示。ただし、1号ファンドの LP も一部、2号ファンドに参加しているか、今後参加を検討している模様。2号ファンドにおいても、投資ステージは1号ファンド同様にプレシード〜シードラウンドで、チケットサイズは500万円〜1,500万円、合計30〜40社への投資を見込んでいるという。2号ファンドからは、既に複数社への出資が決定しているようだ。

2017年に設立された1号ファンドは、同年6月に約2億円を集めて最終クローズ。2019年1月までに、約1年半をかけてスタートアップ26社への出資を完了した。うち出資した15社については、F Ventures の Web サイト上に公表されている(残りの11社については非開示)。

また、F Ventures は今回の2号ファンド組成の発表と合わせて、定額料金で福岡・東京・大阪の三都市にあるコワーキングスペースを横断して使えるプログラムの提供を始める。対象となるのは F Ventures の投資先か、F Ventures のメンター制度に参加する VC および投資家の投資先スタートアップが対象で、gooddays ホールディングス(東証:4437)傘下のハプティックが開設する、福岡(薬院と呉服町)、東京(有楽町と六本木)、大阪(本町と難波)の6つのコワーキングスペースが利用できる予定。プログラム参加社には、士業や VC 各社による支援を提供する。

F Ventures は2017年6月、両角将太氏により設立。若手起業家の育成に力を入れているのが特徴で、例年2回開催されている学生向け起業啓蒙イベント「TORYUMON」は先月5回目を迎えた。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------