次世代エンタメ製作のFIREBUG、複数投資家から4.2億円を調達——CEOに元サイバーエージェント宮崎聡氏、社外取締役に中川綾太郎氏が就任

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.4.10

代表取締役 CEO 宮崎聡氏、代表取締役 CCO 佐藤詳悟氏、社外取締役 中川綾太郎氏
Image credit: Firebug

テレビ番組制作やアーティストマネジメント、スマートフォン向けの短尺番組アプリ「30(Thirty または サーティー)」などの運営で知られる FIREBUG は10日、直近のラウンドで4.2億円を資金調達したことを明らかにした。ラウンドは不明。

このラウンドに参加したのは、ANRI、East Ventures、アカツキ、静岡放送、中京テレビ放送、北海道文化放送、ユナイテッド、加藤恭輔氏(メドレー執行役員)、佐藤裕介氏(ヘイ代表取締役)、高野秀敏氏(キープレイヤーズ代表取締役)、古川健介氏(アル代表取締役)、光本勇介氏(バンク代表取締役兼 CEO)。

この調達と合わせ、同社は共同代表制に移行し、代表取締役 CEO に宮崎聡氏(元サイバーエージェント アメリカ CEO)、社外取締役に中川綾太郎氏(ペロリ創業者)が就任することも明らかにされた。創業者で代表取締役 CEO だった佐藤詳悟氏は、代表取締役 CCO に就任する。

<関連記事>

FIREBUG は2016年2月の設立。創業者の佐藤氏は、吉本興業でナインティナイン、ロンドンブーツ1号2号などのマネージャーを経験し、2015年、異色クリエイターのエージェント業務を行う QREATOR AGENT を立ち上げた人物だ(QREATOR AGENT は現在 FIREBUG 子会社)。女子大生起業家の椎木里佳氏、筑波大学助教の落合陽一氏などのプロデュース、PR 業務に携わることでも知られる。FIREBUG は、2018年4月には、AOI TYO Holdings、アカツキ、読売新聞社から資金調達している(調達ラウンドは不明、調達金額は公表されていないが推定1億円)。

今回の調達を受けて、FIREBUG は、新たに著名人やインフルエンサーを対象に、YouTube などの動画プラットフォームでのマネタイズをサポートするエージェント事業を開始するなど、さらなる事業拡大を行うとしている。ここ数ヶ月の日本におけるライバーマネージメントの動向を見てみると、Coupe(クープ)がサイバーエージェントグループ入りしたほか、MAKEY をエイベックスが買収メゾワンがインフルエンサーマーケティングの BitStar に買収されるなど激しい動きが続いている。

via FIREBUG

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------