キッズラインが家事代行サービスを拡大、独身や夫婦など全ての世帯で利用可能に

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.4.9

ベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」は4月1日より、今まで子供がいる世帯しか利用できなかった家事代行のサービスを全ての世帯に提供開始しすると発表している。

キッズラインは1時間1000円から即日手配可能な、ベビーシッターと家事代行のマッチングサービス。全国47都道府県で展開しており、現在3000名以上の保育士や幼稚園教諭、レストランのシェフや整理収納アドバイザーなどのサポーターが登録している。利用者は事前に全サポーターのプロフィールや口コミ評価を見ることができ、24時間オンラインで手配依頼が可能。最近では千代田区、渋谷区、品川区、調布市、福岡市の5つの自治体や法人にも導入され、利用の裾野を広げている。

同社はベビーシッターサービスとして4年間で30万件以上の提供実績を積んできた経験から、昨年11月に子供のいる家庭向けに家事代行サービスをスタートしている。

via PR  TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------