仮想通貨取引プラットフォーム「Liquid」運営がシリーズCの資金調達を公表、評価額は10億米ドルに

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.4.9

スクリーンショット 2019-04-09 9.24.37.png
Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)

仮想通貨取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」を運営するQUOINEを傘下にもつ、リキッドグループは4月3日、シリーズCラウンドでの資金調達を公表している。今回のラウンドでの調達金額は公表していないが、同社は企業評価額が10億米ドル(日本円で約1100億円)に到達したことを伝えている。

投資ラウンドはIDG Capital(IDG)がリードし、大手仮想通貨マイニング企業であるBitmain Technologiesも参加している。同社はこれまでに2000万米ドル(約22億円)以上を調達しており、JAFCO、B Dash Ventures、SBI、Mistletoe、ULSグループなどのベンチャーキャピタルが出資している。

調達した資金はグローバル展開や仮想通貨取引プラットフォームの開発、セキュリティトークン市場への参入等に使われる。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------